The order is now being shipped.


今年は映画ファンにとって大きな動きがあった。1月に起こったWarner shock以降、相次ぐハリウッド映画会社のBlu-ray独占支持の動きに、2月、HD DVDを主導してきた東芝が屈して、同事業を終息させたことは記憶に新しい。これにより混在していた次世代DVD規格が統一され、現在では映画はBlu-rayソフトで販売されることも珍しくなく、レコーダーなどの周辺機器も対応が主流になっている。

それと同時にテレビの薄型化、大画面化が急速に進んでおり、37インチ以上の大型が売れ筋となっている。それには、年末にかけての薄型テレビの価格暴落も一因となっているようだ。事実、比較的新しいモデルでも、発売当時に22万円程度の販売価格の液晶テレビが半分以下の価格で売られている。

こうした流れは映画ファンにとってはアクションしやすい環境になってきたと言える。まず安価で大画面テレビを購入することが出来るのは映画を自宅で楽しむ上で欠かせないポイントだ。さらに従来のDVDではなくBlu-rayで映画を視聴するのは自然の流れ。私もBlu-ray再生機能を備えるPS3を2年前に購入してからは、Blu-rayで出ているタイトルは例外なくBlu-rayで購入している。前述の通り、最新タイトルがBlu-rayで登場することも比較的普通になってきている。たとえば江口洋介主演の『闇の子供たち』もBlu-rayで登場する。

Blu-rayへの移行は新作だけではない。歴代の名作と言われる映画もリマスターなどの処理によりハイビジョン画質で楽しむことが出来るようになった。『The Godfather』シリーズがBlu-rayボックスで発売されたことは非常に感激した。『時計じかけのオレンジ』なども同様だ。

だが一つ懸案がある。それは国内におけるBlu-rayの価格が諸外国と比較して高いことだ。一つ例を挙げる。名作でお馴染の『ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)』が日本のアマゾンでは3,544円であるのに対し、米国のアマゾンでは19.99ドル(約1,800円)と、半額程度で販売されている。米国では1,000円以下で買えるBlu-rayタイトルも存在している。明らかに日本は高い。

そこで単純に考えると米国のアマゾンで買うということになる。注意すべきことが数点ある。まずリージョンの問題。従来のDVD規格は米国と日本ではリージョンが違うため、あちらのDVDを日本の機器で再生することは出来なかった。しかしBlu-rayは米国、ヨーロッパ、日本とリージョンが同一のため、その点問題ない。だが特典ディスクがDVDということもあり、それは当然再生できない。

次に言わずもがな字幕/音声のことだ。海外で買うタイトルということは、基本的には洋画系になると思われる。リージョンが欧米・アジア地域で同一となったことにより、映画会社は主要言語の字幕を入れることが結構ある。例えば『マトリックス』シリーズには日本語字幕が入っている。先ほどの『ショーシャンクの空に』も同様だ。そうした情報を掲載しているサイトもあり、購入の際の参考にもなる。『マトリックス』シリーズのBlu-rayアルティメットコレクションは米国アマゾンで投稿現在69.99ドル(6,300円)と、かなりお買い得だ。

送料や発送が気になるが、こちらもさほど高くはない。特にまとめて購入する場合は割安になる。送料は基本料金+数量毎に発生する。今回実際に私が米国のアマゾンでオーダーした内容を以下に記載する。

  • The Ultimate Matrix Collection [Blu-ray]/($65.99)
  • Kill Bill - Volumes 1 & 2 [Blu-ray] (Amazon.com Exclusive)/($44.99)
  • Wall-E (Three-Disc Special Edition+Digital Copy and BD Live) [Blu-ray]/($24.49)
  • The Shawshank Redemption (Blu-ray Book) [Blu-ray]/($19.99)
  • V for Vendetta [Blu-ray]/($18.99)
  • A Clockwork Orange [Blu-ray]/($13.99)
Item(s) Subtotal:
$188.44
Shipping & Handling:
$27.93


-----
Total Before Tax:
$216.37
Sales tax:
$0.00


-----
Total for this Shipment:
$216.37

送料は27.93ドルかかった。これは3段階あるオプションの中間(Expedited International Shipping)だ。一番速い発送方法を選択すると、米国から日本へ3−5営業日で到着する。しかし、デポジットを負担しなければならず、送料も高くなり、トータルで送料は30ドル後半となる。中間のオプションは、30ドル弱で現地時間29日発送の日本到着が1月12日前後となっているので、急ぎの注文でなければ、ミドルクラスで問題ない。

ちなみに米国のアマゾンで購入する利点はもう一つあり、私のオーダーでも分かる通り、WALL-Eなど、諸般の事情で日本での公開が大幅に遅れたタイトルが、既に本国ではBlu-ray化されている。つまり公開中や公開前の映画を手に入れることが出来る。ただしWALL-Eには日本語字幕は存在しない。人気タイトルでは、ダークナイトも同様のようだ。その他の私のオーダータイトルは全て日本語字幕に対応していることが確認されている。

2009年はホームシアターの年になる。大画面テレビ、Blu-rayレコーダー、Blu-rayソフト、ホームシアター設備など、大幅に環境を変更していく予定だ。同時に、日本でのBlu-rayソフトの価格が欧米並になることに期待している。


Read Users' Comments ( 0 )


携帯電話最大手のノキアは27日、日本国内での端末の販売および販売活動を打ち切り、国内の販売市場から撤退することを発表した。同社によると、今回販売の打ち切り対象となるのは、ノキア直販モデルだけでなく、NTTドコモとソフトバンクモバイルといったキャリアブランドで販売されているモデルも含むとのことで、現行の販売形式から一切手を引く形になる模様。販売活動は2009年上期中に停止するとしている。

既に発売されているノキアブランドおよびキャリアブランドについてはこれまで同様、不自由のないように引き続きユーザーサポートを行っていくとしてるが、 キャリアブランドの既に発表していて未発売のモデルに関しては、「キャリア提供の端末であり、先方と話しながらどう進めていくか検討していくことになるため、ノキア単独ではコメントできない」としている。また、同社のモデルを販売しているNTTドコモとソフトバンクは、「詳細は確認中」とのこと。

先日、一部報道で明らかになった、ノキアの日本におけるキャリア事業進出は否定しておらず、今月中にはキャリア事業についても詳細が発表されると思われる。本日のプレスリリースにおいても「ラグジュアリーマーケットを対象とした、手作業で作られる特別な携帯電話のVertuも引き続き日本での活動を続けていく」と述べている。

日本経済新聞によると、ノキアが撤退に至る背景には、日本の携帯電話市場の飽和状態も起因して2007年度の出荷台数は20万台以下、シェアは0.3%程度にとどまるなど厳しい状況があった模様。来年3月にサービスをスタートするキャリア事業において、販売網を一本化して、高級携帯電話の販売に特化させる方針だ。

NTTドコモは、未発売のE71に関して「販売中止を含め、両社で今後検討していく」とコメント。ソフトバンクは、N82に関して「予定通り発売する」とした上で、E71を含めた「今後については、これからノキアと話し合いを進めていく」と述べている。

ノキア、日本の事業展開の見直し(プレスリリース)


Read Users' Comments ( 0 )


携帯電話の最大手でフィンランドのノキアが、日本において来年2月にも携帯電話事業に参入することが明らかになった。体系は、NTTドコモから回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)で、来年2月に端末の発売を開始し、3月からサービスをスタートする方向で調整をしている。

ノキアによるキャリア事業は、当初は高級携帯電話の販売チャンネルとしてスタートする。2002年から展開されている高級シリーズ "Vertu(ヴァーチュ)" をラインナップ、価格は160万円〜500万円程度となり、24時間態勢のコンシェルジュに直接コール出来るボタンが搭載されている。

通信料金はノキアが独自に設定するほか、販売網の構築も行う見込み。ノキアでは、来年初めに東京銀座に第1号店をオープンを予定、順次、大阪や名古屋などに拡大していく。将来的には安価な量産モデルも投入し、日本国内でのマーケットシェア2桁を目指す方針。

ノキアのMVNOによる携帯電話事業参入は、今月にも正式に発表される。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 容疑者Xの献身


久しぶり(1ヶ月くらい?)に劇場で観たのは、大ヒットしているガリレオシリーズ劇場版『容疑者Xの献身』だ。今更?と思われそうだが、今更なのだ。テレビドラマのガリレオを観ていたので、配役等には全く気にすることなく観られた。福山雅治が好きなので、一層楽しみだった。

「無難」映画の出来はどうか。観る前のイメージは「人気ドラマの映画化」程度にしか思っていなかったが、実際は違う。本格的なミステリー映画となっている。原作はまだ読んでいないが、おそらく原作の出来が良いのだろう。でなければ、ここまでのミステリーにはなるまい。2時間弱のストーリーで、起承転結はおろか、最後に客を驚かせ、納得させる手法は映画を観ていて面白いと思える要素の一つだろう。

「献身」の指す意味が観る前は分からなかった。容疑者Xはともかく、何に「献身」しているのか。その辺りの疑問も映画を観れば全て解決する。後味がすっきりする作品となっている。これとは対照的なので思い出したのが『アンフェア』というドラマシリーズだ。面白いには面白いのだが、あまりに伏線をはり過ぎた上に、スペシャル、映画と作った結果、回収はされないまま、さらに辻褄合わせも出来ていない。まさにアンフェアな作品だった。それが良いと思うならそれでも良いのだけれど。

第一、犯人撃つときに、いきなり心臓狙うわけがないじゃん。なんで最初から射殺目的なのかが分からない。腕とか足とか肩とか狙えばいいのに。ジャックバウアーもそこまでしないよ。

後半は『アンフェア』に対する愚痴でした。『容疑者Xの献身』は映画としての出来は素晴らしかった。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: WALL・E(ウォーリー)

12月5日から日本で公開されるピクサーの最新作 "WALL・E" を、ひと足早くiTunes Store USで購入して早速観た。WALL・E(ウォーリー)は、荒廃した地球で黙々とゴミの積載作業をこなす、作業ロボット。ある日宇宙船に乗ってやってきた調査ロボットEVE(イブ)に出会うストーリーをピクサーらしく描いている。

「黙々」と書いたが、嘘になる。ウォーリーは好奇心旺盛で、ゴミの中から興味のあるものをコレクションしている。その中のミュージカル映画をいつも観て、人間を真似てダンスをやっている。こんな旧式のロボットとコントラストに、イブは最新作のツルツル。しかもかなり好戦的。で短気。目で感情が伝わってくる。2つのロボットのほほ笑ましい出会いと、ラブストーリー(?)は、異色ながら自然に受け入れられるだろう。

前述の通り、日本での一般公開は12月5日。ウォーリーとイブの精巧なフィギュアが欲しいけど、売っているのかな?


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/11/14/07:33 JST)

時々報道される「ケータイショップにおける携帯電話の盗難」ですが、最近でも関東地区で4件、約300台の窃盗が起きているようです。盗難に遭うのは、NTTドコモとソフトバンクモバイルのケータイで、これはSIMカードを入れ替えることで「機種変更」が出来るからです。

具体的には、SIMカードのない旧世代のケータイにおいて、店頭で電話番号を抜く手続きを踏み、本体の番号情報がクリアになるため、「白ロム」と呼ばれています。FOMAなどの第3世代ケータイではSIMカードが採用されており、カードを外した時点で「白ロム」となり、挿した時点で自分のケータイとして使えるため、店頭での作業は(基本的には)不要になりました。

では、こうした「白ロム」に何故需要があるか、ということに関しては、まず、正式に機種変更するよりも安価に済むということが挙げられます。例えばソフトバンクの場合、2年以上の機種変更でも実質負担で2万円以上になる機種が、白ロムでは1万円台で販売されている上、2年間の縛りもありません。最近ではドコモも同様の状態となっています。

さらに、グローバルケータイが広まるなか、日本のケータイが海外で高値で取引されている現状もあります。有名なところでは、ボーダフォン時代の一部のGSM対応ケータイが中国で非常に高価で販売されていました。こうした海外への転売では、警察により「業者」が摘発された事例もあります。

SIMカードを採用して、海外でも利用可能なケータイが登場し、当時のボーダフォンが大きな被害を受けたにも関わらず、なぜ未だに有効な対策が講じられていないのか疑問です。数年前か ら分かっていたことであり、「白ロム」の認知度も過去に比べて非常に高まっています。ソフトバンクによる、オークションでの白ロム売買の制限なども表向きは効果的であっても、国内での売買そのものは違法ではないため、個人の自由な売買を制限する制度には、根本的に欠陥、もしくは行き過ぎの部分があるのも否めません。

KDDIのauケータイが被害の対象にならないのは、KDDIが採用しているSIMカードは事実上ロックがされており、「抜き差し」だけでは番号の移動が出来ない仕組みが採られているからです。こうした仕様がSIMカードそのもののユーザビリティを阻害しているという考え方も出来るため、SIMカードそのものに制限を加えることはあまり好ましくありません。趨勢からも、総務省は、むしろロック解除の方向で動いています。

問題にすべきなのは、最近多発している「窃盗」や、身分などを偽って契約を行う「詐欺」などの犯罪により不正に入手されたケータイが転売されることや、二次的にそうした行為を行うことを募る組織がいることです。シリアルナンバーなどによる管理は行っているのでしょうが、不正に入手したケータイが流通しても、 ユーザーが利用できないような仕組みを整えたり、契約自体を後々に効率的な管理が出来るものに変えていくのも望ましいと思います。「白ロム」を登録制にして、過去の登録をプライバシーに接触しない程度で参照できるようにするのも良いかもしれません。ユーザーに余計な負担はかかりますが、やましい部分がない場合、個人的には別にいいかな、と感じます。「ネットから出来る」とかになればもっと便利でしょうけどね。

一方で、消費者が自然に賢い選択をするというのは当然のことで、オークションなどで安いケータイが売られているのに、2年間の縛りに自ら引っかかるようなことは、率先してやりたくはないことも確か。この辺りもキャリアがもう少し長期契約者を優遇出来れば、正規に買う人も増えると思うのですが、MNP導入以降、キャリアは口ではサービス勝負と言っても、結局は新規を獲得したいでしょうから、なかなか長期ユーザーは恵まれません。

私が使っているディズニー・モバイルなんて、今年3モデルしか出ていない上に、マーケットが小さいので白ロムや転売というものが未発達で心地よいです^^ iPhone 3Gもソフトバンクが四方を固めているので、なかなかそういう話は出てきませんね。悪質な業者は巧みなので、キャリアがもっと賢くなる必要があります。

参考
ドコモとSB携帯、大量盗難 機種変えやすく、転売狙い(朝日新聞)


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/10/29/01:42 JST)


緑茶革命。エピソード5。コカ・コーラの復讐。自分の中で、緑茶と言えばキリンの『生茶』(訂正)。烏龍茶はサントリーの『烏龍茶』。水は『CRYSTAL GEYSER』。ミルクティーは『リプトン』、レモンティーも『リプトン』。でも時々ミルクティーはコカ・コーラの『紅茶花伝(くちどけカラメル/期間限定)』。

そんな情勢の中、登場したのはコカ・コーラの蜂蜜入り緑茶『スウィーチャ』。2006年登場、今年7月リニューアル。今日実家から送られてきたのを飲んでみたが、なんというか美味しい。緑茶を名乗る邪道な感じもするが、美味しいものは美味しい。

これは限定でもないようなので、明日、問い合わせてみよう。あと、ミニッツメイドの『オレンジ・ブレンド』が2ケース送られてきたので、しばらくは安心。


Read Users' Comments ( 2 )

最近の主な橋下大阪府知事の発言を列挙してみる。
  • 人の悪口を言う朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる。
  • 自分たちが良識だと思い上がって、何でも反権力なのが朝日。
  • 論説委員か、何様か知らないけど、狭い部屋でワーワーしゃべりながら『この表題でも付けておこうかな』っていうぐらいな意気込みでやってるなら、まったく愚かな言論機関だと。すぐさま廃業した方がいいんじゃないですか。
  • 人間誤ることもある。朝日は今まで事実誤認したことないのか。そんな完ぺきな人間ばっかりなんですかね、朝日は。
  • 朝日が弁護士資格返上しろって言うなら、これから(朝日新聞が)事実誤認とかやりゃすぐ廃業しろと。
  • もっと言うなら戦争責任だってある。いますぐ廃業しろって。
  • 朝日新聞は権力に悪口を言っていればいい、と思っていることがよく分かった
  • 朝日みたいな新聞社は早くなくなってもらった方が世の中のため

ここまで言ってくれると「知事としてどうなんだ」とか「大人げない」というよりも気持ちが良い。朝日新聞が如何におかしな言論機関であるかは、毎日の社説をチェックしていたり、何気ないコラムを見ていると明らかだ。朝日新聞は戦後、事あるごとに日本の戦争責任について厳しく言及し、ありもしないことをでっち上げながら、日本の国益を損ない続けてきた。人に厳しい朝日自身はどうかと言えば、戦時中はむしろ体制側の筆頭のような存在。「欲しがりません 勝つまでは」など有名な標語は、当時の大政翼賛会と朝日新聞、現在の毎日新聞などが公募したものだ。

さらに朝日新聞はこれまで、新聞で人を批判できないほどの悪行をしてきた。「南京大虐殺」という架空の事件を新聞社として創り上げ、反日キャンペーンを連日のように繰り広げていた時期もある。証拠とされる写真は全て捏造で、これまで幾度となく謝罪記事を掲載している。サンゴに自ら落書きをして「日本人の倫理観」を問い掛ける記事を掲載し、当時の社長が辞任する事態もあった。また、最近では、NHKに自民党の安倍晋三氏と中川昭一氏が圧力をかけて番組を改変させたという記事を一面に載せ、その後、事実認定が厳しくなると検証記事を掲載した。

紙面には韓国が軍事独裁政権だったころ、北朝鮮が「地上の楽園」であるかのごとき記事を掲載したり、北朝鮮による日本人拉致事件が明るみになった初期には、拉致事件そのものが北朝鮮のイメージを損ねようとする捏造だというスタンスをとっていた。また、有事法制のQ&Aコーナーで「ミサイルが飛んできたら?」という質問に対して「武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かもしれない」という意味不明の回答もしている。竹島を韓国に「平和の島」として譲ったらどうか、という信じられない記者もいる。

朝日新聞の愚行は許せないが、一方で中には良い記事があるのも確かだ。さらに相対的に他の新聞が優れているとは言えない。朝日の対極である産經新聞は、アメリカによるイラク侵攻に賛成したり、えひめ丸がハワイで沈没した際に「日米同盟を損なわないために船の引き揚げは断念しては」などという主張をして批難を浴びた。

知事がここまで発言するのは、これまでの大阪のノリでの発言が延長しているから出来ることだろう。誰かが言わなければならないこともある。中山前国交相の「日教組批判」もそうだ。

最後に敢えて言いたいのは、「就職に有利」や「受験に有利」ということだけで朝日新聞などを選択して読んでいる人が多いということ。愚か極まりない。本来、こうしたものを読むのは知的好奇心に基づくもので無ければならず、全国紙はすべてチェックしよう、などという自然な気持ちが大事だ。物事を比較できないと、単に人の主張を受け入れるだけの、いわば付和雷同。読まないのと同じ。夕刊フジを読んでいた方がまだ面白いかもしれない。「〜に有利」という利益心だけで時勢を判断しないで欲しい。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/10/19/23:55 JST)


昨日から六本木ヒルズのTOHOシネマズを中心に開催されている東京国際映画祭に行ってきた。観たのは来年2月14日から一般公開される『少年メリケンサック』で、監督は宮藤官九郎、キャストは宮崎あおい、佐藤浩市 、木村祐一 、田口トモロヲ 、三宅弘城 、ユースケ・サンタマリア、勝地涼などなど。本日は初の舞台挨拶もあり、監督のクドカンをはじめ、宮崎あおい、佐藤浩市 、木村祐一 、田口トモロヲ、勝地涼が出席した。


前から3列目だったこともあり、宮崎あおいの可愛さや、佐藤浩市の渋さなどがハッキリと見えた。国際映画祭では通訳も同席しており、一つ一つ質問・回答を訳す。その間や、その訳が出演者には面白かったらしく、宮崎あおいや木村祐一はずっと笑っていた。宮崎あおいはこの映画のアピールで「蹴られたり、蹴られたり・・・」と語り、会場の笑いを誘った。キム兄は、佐藤浩市の弟役なので、「役作りのために佐藤浩市に似せたけれど、今は戻ってしまった」とコメント。佐藤浩市が「バンドをしたことがなく、50近くで映画でスターになれるとは思わなかった」と言うと、キム兄が宮崎あおいに「別にスターにはなってないよな」と耳打ち。そうした爆笑のやりとりがおよそ30分続いた。

その雰囲気のまま上映へ。もちろん邦画で英語字幕付き。なんか変な感じがする。映画はとてもクドカンらしく、バカで面白い。会場は最後まで笑いに満ちていた。およそ700人収容出来る大きなスクリーンは満員で、この映画への注目が窺える。私の横にいたプレス関係者の一言を思い出した。プレスのシートすら満席で、通路へもカメラマンが待機している状態で、彼は「篤姫おそるべし」と。確かにそうなのかもしれない。ちなみに宮崎あおいと勝地涼は、大河『篤姫』でも共演している。

映画祭は26日まで開催される。今後注目の映画も先行で上映されるので、是非。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/10/03/21:23 JST)


ほーら宮崎あおいも怒っている。先月、一ヶ月の修理を経て我が手に返ってきた時計が、本日、地域社会と法の講義の直前に友人によって破壊されました。嘘です。ちょっとした過失で机から落ちて、短針が、何と、何と、重力に従うようになったのです。時計の進化は計り知れないもの。

という悲しい冗談はさておき、自分で壊したならまだしも、第三者となると保険やら何やらでやっかい。いても経ってもいられなくなり、4限のアフリカの講義はボノに任せるとして、すぐさま銀座のメンテナンスセンターに飛んで行った。

物損事故なので、見積書を詳細に記してもらうことをお願いした上で、おおよその基準を教えていただくと、修理には最低でも4万5千円程かかるらしい!おー我が友人、かわいそうに。今はただ、任意保険に加入していることを祈るばかり。毎月のように時計が新しくなって帰ってくるのもなんか悲しい。当分の時間はハミルトンに任せるとしよう。。。



今日は本当は何のトラブルもなければ、アフリカを受けたあとに、家に帰って、気持ちよく、今日届いた『ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX』を3回ずつくらい通しで観るつもりだったのに・・・。まあこれから観るけど・・・ミルクティ片手に。


Read Users' Comments ( 0 )

Twitter: September 20-27

  • 中山大臣の辞任は非常に残念 約20時間 前 from web
  • マスコミの揚げ足取りはもう飽きました!日教組批判して何が悪い。 11:54 PM September 25, 2008 from web

国交大臣中山成彬氏の発言について。「失言」はマスコミが作り出すもの。今回の日教組批判を最後まで貫いた態度はあっぱれ。誰かが言わなければならないことがある。一議員でなく大臣だと重みも増す。大臣に辞任を求めたり、議員辞職すら促す日教組はどれほど偉いのか。たかが労働組合崩れが、しかも子供に学問を教える立場の教員が政治に口を出すなどもっての外。百害あって一利なし。日教組批判して何が悪い。

  • 小泉氏、引退へ。 07:25 PM September 25, 2008 from web

見事な引き際。政策うんぬんではなく、信念を貫く姿勢は評価に値する。

  • ジョージワシントンでけー!「はじめまして」だって。なかなか茶目っ気のある入場。 09:16 AM September 25, 2008 from web

一言で申すと、男にとって軍艦、戦闘機、戦車の類いは魅力的。それだけ。

  • 堅実なら地味、華やかなら人気取り、自分で決めたらお友達、経験重視なら世襲、若手なら頼りない・・・もうバカメディアのくだらないコメントは聞きたくないね。 ... 07:13 AM September 25, 2008 from web

麻生内閣発足時。派閥の長など経験者で固めると地味・論功と言われ、華やかな女性などを入れると人気取り・経験もないのに、と言われる。メディアが内閣を褒めることなど一度たりとてないのに、そういうことの繰り返し。朝から嫌気がさす。

  • ガンバレ ジャイアンツ! 07:21 PM September 21, 2008 from web

ジャイアンツファンであることを数年間忘れていた一言。最近面白いね。

  • イキガミと生活維持省、たしかに酷似している。イキガミが映画化するから騒々しくなったのだろうか、結構昔からマンガはあったけど。 ... 07:18 AM September 20, 2008 from web

いや、似てるでしょ。イキガミは映画化とかそんな大きな話以前に2巻ほど買っていたけど、先日無料公開された星新一の『生活維持省』と似ていると言わざるを得ない。著作権ってそういうものでしょ。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/19/05:47 JST)


16日に、有楽町のよみうりホールにて、新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』の特別試写会が開催され、私も観てきた。10月11日から全国で公開される『フレフレ少女』は、高校の応援団の再起/人を応援することの意味を問いかける映画だ。率直な感想は、『ウォーターボーイズ』系の応援団版といったところ。ただ、全く期待していなかったこともあってだろうか、度々入るジョークなどに釣られて少しは面白いと思った(かもしれない)。アンケートに「100点満点で何点?」という問いがあったので、あえて答えると、「55点/100点」。★5つ評価の3個弱。新垣結衣が好きなら、観ていて満足するだろう。内藤剛志が好きでも良いかもしれない(・・・)。

* * *

自民党新総裁の麻生氏(決まったようなものだから)と民主党の小沢氏が、同じ選挙区で争うことになると、非常に興味深い。この話は自民党から出ているので、仮に自民党が方針を党として決定した場合、民主党が小沢氏の選挙区を他の区へ回避すると、すなわち「逃げた」ということになる。民主党としても普段から「民意」の反映を望んでいたはず。新総裁との衆院選での対決は、ある意味で、現行憲法上、最大に「民意」を反映出来る、実質の首相指名直接選挙ということになる。

ただ、麻生氏が小沢氏に負けて、全体で自民+公明が数で勝るという「ねじれ」が生じたら・・・それはそれでまた政治が面白くなるかもしれない。どのような形になったとしても、正常に機能する安定した政治を早く確立して欲しい。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/10/23:58 JST)


今日発表された新しいiPodシリーズ目当てで銀座へ。その前に渋谷で映画を。『コッポラの胡蝶の夢』。私の大好きな『ゴッドファーザー』シリーズの監督でもあるフランシス・フォード・コッポラによる10年ぶりの傑作!なんと東京で上映しているのは渋谷シアターTSUTAYAのみ。最近リニューアルされたシアターで、THX認定も受けており、なかなか音響がよかった。

コッポラと言えば音楽。今回もシーンに合う音楽が色々登場する。ストーリーは、70歳を超える言語学者のドミニクが、昔愛した女性を忘れられないまま孤独に自殺しようとしたとき、雷に打たれ、大怪我を負う。しかし、治療とともに、ドミニクは見る見るうちに若返っていく。あるとき、昔愛した女性に酷似する人と出会う。彼女は、ドミニクの言語学の滞りを補いつつあった。その研究も完成間近というときに、あることは起こる。

こんな感じ。もう一度観たい。そして内容を十分に理解したい、そう思う映画だった。やはりコッポラさんは素晴らしい。

* * *


iPod nanoはやはり事実上の値下げとなった。早速入手したが、かなり小さい。そして非常にカラフル。日本では、この後のクリスマス商戦のキラーアイテムになるだろう。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/06/0:48 JST)


3月にイヌの映画をみたので、今度はネコの映画を。多分観た理由はそんなところ。本日公開。昨日『闇の子供たち』を観た渋谷シネマライズでは、今日の初回上映で舞台挨拶があったそうだが、私は近場で。シネマライズ同じく、初回上映時にはメイキングDVDをプレゼントしていた。

私はネコ派だ。この映画は3月のイヌの映画とは違い、ネコにスポットを当てたとは言えない。ネコがいる中での、漫画家の生活を描いている。したがって予告編のようにネコが可愛い仕草を見せているのは時間では比較的少ないと思った。監督は数々の話題作を撮っている犬童一心。この映画はそれほどまでにオススメはしないが、ネコと上野樹里が好きなら観ても損はない。ちなみに私は上野樹里が好きなわけではない。どちらかと言うと小泉今日子派だ。

という冗談はともかく、本日公開映画でもう一つ観たい作品がある。これまた近々友人と観る予定。あと、10日は恐らく銀座に新しいiPodを・する予定なので、その辺りでもう一本観ようと思う。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 闇の子供たち

(posted: 2008/09/06/23:59 JST)


昨日、渋谷のシネマライズにて。映画といえばシネマライズ、という方もいるかもしれない。私は初めて行った。というのも『闇の子供たち』は単館系で、日数が経っていることもあり、上映しているシアター自体が東京でも5つ程しかない。ということで利便を考え、ここにした。

『闇の子供たち』はヤン・ソギルの同名小説の映画化作品だ。出演している俳優は、江口洋介、宮崎あおい、佐藤浩市、妻夫木聡など。この映画は衝撃を与える。描かれている内容はとても信じられない話だ。タイでの臓器移植をテーマとしたこの話で、江口洋介演じる新聞記者はその実態を探るため、宮崎あおい演じるNGOの職員は子供たちを救うために現地で活動する・・・

どこまでが本当なのか、それほどまでに衝撃を受ける描写がある。タイの身寄りのない幼い子供たちが牢獄のようなところで不衛生に生活している。普段は観光客などの買春相手として強制的に働かされているのだ。そしてエイズにかかったり、病気になった子供は、ポリ袋に入れられてゴミ収集車に捨てられる。

そうした子供たちが強制的に臓器移植のドナーとなり、生きているのにも関わらず麻酔により心臓を取り出される。映画では、こうした現状を知っていながら、自分の子供の臓器移植を依頼する日本人の夫婦に、宮崎あおい演じるNGOの恵子が「許されると思っているのか、手術をやめろ」と激しく詰め寄る描写もある。夫婦は言う。「私たちの子供を殺す権利があなたにあるのか」と。恵子は「タイの子供たちを殺す権利があなた方にあるのか」と反論。

事実として、つい最近でも中国やタイなど東南アジア地域で臓器移植手術を行っている日本人が多いことはニュースになったことがある。日本での臓器移植は年齢制限があり、海外で合法的に行うには時間がかかるというのが、そうした闇の臓器移植が行われている所以だ。映画の現状が誠ならば、はっきり言って勝手極まりない。自分の子供をどうにかして助けたい親の心は分かる。だが、彼らの命を奪う権利は誰にもないはずだ。

加えて、こういうことを言うと多少の良心の呵責があるが、ときどき渡米手術のために1億とか5,000万とかの募金活動をしている団体がある。そしてそれにメディアも注目する。巨額な募金が成功すれば彼らは助かるかもしれない。だが、病気に困っているのは彼らだけではないはずだ。そうした不平等はなぜ起こるのか。

色々なことを考えさせられる映画。前述の通り、この映画を上映しているシアターは限られている。特に同じ学生であれば、医学部生、法学部生に観て欲しい映画だ。なお、この映画のために桑田佳祐が主題歌『現代東京奇譚』を書き下ろしている。



Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/03/0:58 JST)

(第4世代iPod nano専用ケースとされるもの)

おそらく今日午前辺りに、メディア関係者に招待状が届くだろうが、日本時間10日未明にもAppleは現地でスペシャルイベントを開催し、iPodシリーズを刷新する。現行では、iPod touch, iPod classic, iPod nano, iPod shuffleがラインナップされているが、これらの殆どのモデルをメジャーアップデートする模様だ。以下、現行ラインナップと、アップデート後(あくまで私の予想)の比較を挙げる。

iPod touch(→多少のデザインチェンジ/大幅値下げ)
/8GB-36,800円→23,800円
/16GB-48,800円→33,800円
/32GB-59,800円→42,800円

iPod classic(→ほぼ据置/マイナーアップデート/値下げ)
/80GB-29,800円→21,800円
/160GB-42,800円→32,800円

iPod nano(→メジャーアップデート/ワイド画面/縦長/曲面デザイン/事実上の値下げ)
/4GB-17,800円(→13,800円 or disappear)
/8GB-23,800円→17,800円
    (→add: 16GB/23,800円)

iPod shuffle(→マイナーチェンジ/値下げ)
/1GB-5,800円→4,800円
/2GB-7,800円→6,800円
       (→add: 4GB/9,800円)

価格はあくまで予想。確実に言えることは、iPod touchのデザインが変わって大幅に値下げされることと、iPod nanoが大幅にリニューアルされること。全体的な価格が下がることは間違いないと思う。発売時期について、iPod nanoは日本時間の10日にアップル直営店に並ぶだろう。他の製品については定かではないが、同時発売でない場合も、数日中に登場すると思われる。

iPod購入を考えている方は一週間待ったほうが良いが、現行デザインのiPod nanoが好きならば今の内に買っておくというのも手かもしれない。昨年も丁度この時期にiPodのモデルチェンジをしている。AppleはBack to schoolの需要が高まるこの時期にMacもアップデートすることを計画しており、来月にもMacBookなどが刷新される。

UPDATED:
Appleからメディアに招待状が届いたようだ。やはり9日、話題はiPod+iTunes。日本時間の10日未明にも新しいiPodが発表される見込み。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: What Happens in Vegas...

(posted: 2008/09/01/23:52 JST)


今日はファースト・デイなので1,000円で映画が観られる!ってお金の話は置いといて、『ベガスの恋に勝つルール(What Happens in Vegas...)』を観てきた。キャメロン・ディアス主演の一風変わったラブコメディー。なぜチョイスしたか、それは僕のブログで、20世紀フォックスと映画の提携広告を出していたのにも関わらず、未だ観ていなかったから。

ストーリーは、2人(ジョイ/ジャック)の傷心した男女が偶然ベガスで出会う。すべてを忘れて豪遊する2人は、酔った勢いで婚約まで。次の日、お互いが頭を冷やして婚約を破棄。その直後、ジョイのクオーターで、ジャックが300万ドルを当てる。300万ドルを巡ってジョイはジャックに婚約していたことを持ち出す。裁判の結果、2人は半年間の結婚生活を送ることに。でもこの2人、全く合わない。・・・

どたばたコメディーで、テンポもよく面白かった。さすがハリウッド女優といわんばかりのキャメロンの演技やスタイルには目を惹きつけられる。音楽でも、JETの "Are You Gonna Be My Girl" が使われたりと、なかなかクールだった。



あと、家に帰るとBoAのファンクラブ "SOUL" の会報が届いていた。いやーこれを年に4回もらえるだけでもファンクラブに入っている価値があるというもの・・・。

* * *

明日は・・・まあいいや。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 20th Century Boys(1st)

(posted: 2008/08/30/14:52 JST)


タダで観る映画ほど良いものはない・・・じゃなかった。今日はワーナーマイカルで、公開日に『20世紀少年 第一章』を。原作は浦沢直樹のマンガなので、ストーリーを知っている人も多いと思う。今回の実写映画化は、堤幸彦によるもので、3部作となっている。

観た感じは、ほぼ原作に忠実に。ただし時間が限られているからか、端折っている箇所も多い。マンガを見ていない人は、登場人物が多くて混乱するかもしれない。第一部は大きくなったカンナが出てくるまで。それ以降は第二部へと繋がる。マンガでは国連で「世界を救った」として表彰されるシーンから始まるが、映画では別の構成でスタートする。

ネタバレを含めて内容についてはあまり書かないが、やはり所々「ゾクッ」とさせる演出がある。これはマンガと同じだ。このマンガ・映画を見ていると、やはりカルト系の宗教団体が政治に携るとロクなことがないということを感じる。『20世紀少年』に出てくるカルト団体「ともだち」は、その信者で構成する「友民党」を結成。政権与党までなる(これ以降は割愛)。あれ?どこか現実世界で似たような話が・・・。

音楽にはもちろんT-Rexの20th Century Boyが。あと、カレーライスのうた?も流れる。マンガの実写化としてはそこそこ。というか素材が難しいので、よくぞここまで配役出来たと感心する。堤氏のジョークも時々。アメリカンジョーカーのデーブ・スペクターや評論家の宮崎哲弥氏もニュースの中で登場したりしている。

前述の通り、三部作なので第二部は来年1月31日、第三部は来年秋に予定されている。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/08/29/23:58 JST)


今日は修理に出していたブライトリングの時計を引き取りに銀座まで。時計はボディの交換が必要だったみたいで、キレイになって戻ってきたけど、保証期間内で良かった・・・。あぶないあぶない。

* * *

で、六本木ヒルズ内のTOHOシネマズ六本木で『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』を2度目の鑑賞。正直、2回みるほどのものではないけど、THXで観てみたかったから。近くのワーナーマイカルシネマズに1つもTHX認定受けたスクリーンがないってどういうこと。それと違って、TOHOシネマズ六本木は全スクリーンがTHX!凄い!あっちに移ったら、ここの常連になろう。

THXはルーカスフィルムの音響等の品質チェック。音響はもちろんのこと、環境音、空調など、厳しい項目を全てクリアしたスクリーンにのみ、THXのプレートとトレーラーの上映が許可される。そのトレーラーがまず大好きなのだ。



ただ、今日観たところ、この威圧的なカッコいいTHXトレーラーは引退しているようで、新たにロボットが出てくるムービーに変更されていた。でもやはり何処となくクールで良い。



* * *

なんかTHXの話になっちゃったけど、THX認定を最初に貰ったホームシアターはあの小倉さんのスタジオらしい。これもまた凄い。明日も映画・・・。8月は映画の月ということで1000円にして欲しい。。というかレディースデイとか羨ましいよ。ほんとに。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: Sex and the City

(posted: 2008/08/26/23:32 JST)

今日は先週から公開されている映画『Sex and the City』を。言わずもがな、人気ドラマ『Sex and the City』の映画版。シーズン6から4年後を描いている。が、まだドラマはシーズン3あたりまでしか観ていない。多少不安があったけれど、24やLOSTのようなものではないので、(先に)映画を観たところで何ら問題はないと思う。

話は主人公のキャリー・ブラッドショーが結婚することになるところから始まる。親友3人は心から祝福するが・・・。とまあストーリーを述べると面白くないだろうから割愛。華やかなニューヨークを惜しみなく映し出している。マンガ原作・日本ドラマのちゃちな映画化に比べると、迫力というかやる気が違う気がした。

音楽も凝っている。一番魅かれたのはRun-D.M.C.の "Walk this Way" 。かの有名なAerosmithの同曲をベースとして、プロモでも共演した名曲。これが流れたとき、一番ドキドキした。サウンドトラックが発売しているので、早速iTunes Storeで購入。良い映画に良い音楽はつきもの。但し、日本の12歳以上指定は緩すぎる気がする。諸外国では18歳以上指定であるところが多い。

最後にRun-D.M.C.の "Walk this Way" のプロモを。



Read Users' Comments ( 1 )

(posted: 2008/08/24/23:18 JST)


いろいろあったけど、個々のアスリートの迫真の競技は、今、最高に元気のない内閣の元にある日本国民に気迫をもたらしたことは言うまでもないだろう。それと同時に悔しいけれど北京五輪の開/閉会式の演出は圧巻そのものだった。演出を担当したのは映画『HERO』や『LOVERS』でお馴染の中国人映画監督チャン・イーモウ氏。その演出はチャン・イーモウ氏らしい「色」を特徴づけた華やかなものだった。開会式においては、その長さを批判する声もあったが、結果として大成功を収めたのは間違いない。

トラディショナルとテクノロジーの融合とされる今回の演出は、これまでの五輪祭典にはないほどのデジタルテクノロジーを採り入れたものだった。衣装にまで取り付けられたLEDライトはもちろん、カーブを描くモニターは開会式での聖火点灯に重要な役割を担った。その一方で非常に多くの花火を採り入れ、一部をCGで使うなど気合いの入れようは見事だ。おそらくスモークを焚かなくとも空が曇っている北京の環境状況も、皮肉にも一躍交っていたのだろう。

さて2012年のロンドン五輪を経て2016年には東京五輪の開催が期待される。東京五輪に批判的な人も今回の「感動」を見ると日本での開催に憧れる人もいるのではないか。1964年の五輪とは違う、成長した日本をアピールできるに違いない。その点、北京五輪、さらには4年後のロンドン五輪の演出に負けないくらいの演出が楽しみだ。それこそ日本のテクノロジーを活かし、日本の演出家による素晴らしい祭典にし、日本の歌手(BoA含める)による迫力あるものにして欲しい。もちろん現時点では皮算用であるが、純粋にそう感じた。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: Star Wars / The Clone Wars

(posted: 2008/08/16/20:45 JST)
いやはや、見事なものだった。昨日は「今回はアニメだからなぁ・・・。しかもいかにもアメリカ、って感じの絵だ。雰囲気を楽しもう。。」とか言ったけど、撤回。普通に面白かった。よく考えたら、そもそもスター・ウォーズシリーズ自体がCGで固められているから、キャラがポリゴンなだけであまり違和感なかった。

とは言っても、やはり今回は「クローン・ウォーズ」とだけあって、戦闘にスポットを当てた作品。これまでの実写番とは少しタイプが違う。この辺りは、アニメのクローン大戦と似たようなものだった。時代設定はスター・ウォーズ エピソード2と3までのクローン戦争中。つまりアナキンが暗黒面に転向する前の話なので、オビ=ワンとの師弟関係がまだ楽しめるほか、新たにアナキンにパダワン、アソーカ・タノが付くことに。

この映画はこれから放送される本国でのアニメ『クローン・ウォーズ』の第一話という位置づけの映画。だからもちろん続きがある。日本でもなんらかの形で楽しめることを願うばかりだ。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: ACROSS THE UNIVERSE

(posted: 2008/08/16/10:49 JST)

昨日、靖国神社に参ったあと、先週から公開されている映画『アクロス・ザ・ユニバース』を渋谷で友人と観た。実はこの映画、本国USでの公開は昨年10月で、USでも口コミで人気が高まったらしい。その口コミが当時僕の元にも来て(?)、同月iTunes Store, USでサントラを買っていた。これほど日本公開が遅れるなんて・・・。

この映画一番の見どころは、ビートルズの名曲33曲を惜しみなく使ったそのミュージカル。と言ってもビートルズが歌っているわけではなく、俳優陣がマジで歌っている。それがそのままサントラになっているのだ。映画のストーリーそのものは、ベトナム戦争時のアメリカを舞台にしていて、ビートルズ+平和ということもあり、よくある感じになっている。観た映画の中での勝手なイメージでは、(フォレストガンプ+リチャードニクソン暗殺を企てた男+大統領暗殺)/3+ビートルズといったところか。多分全然違うと思う。

ビートルズの名曲をストーリーの各所で歌う。例えば最初のシーンでは砂浜で主人公が『Girl』を歌う。お葬式のシーンでは『Let It Be』、最後は『All You Need Is Love』を合唱。とにかく観ていてワクワクする。皆うまい。カメオ出演でU2のボノも歌を披露している。公開されている映画館は少ないが、この夏オススメだ。

* * *

今日は・・・『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の先行上映に。一日2回に比べたら2日連続のほうがまだマシだけど、なかなか疲れるスケジュール。『スター・ウォーズ』はFXのライトセーバー持ってるくらい大好きだけど、今回はアニメだからなぁ・・・。しかもいかにもアメリカ、って感じの絵だ。雰囲気を楽しもう。。

リバイバルとかしてくれると絶対行くのに。

* * *

ここ一週間でDVD含めて10本以上観たけど、アクション映画が一番観やすいね。

* * *

『アクロス・ザ・ユニバース』ミュージカルナンバー
1. "Girl" — Sturgess
2. "Hold Me Tight" — Wood, Hogg
3. "All My Loving" — Sturgess
4. "I Want To Hold Your Hand" — T.V. Carpio
5. "With A Little Help From My Friends" — Anderson, Sturgess, "dorm buddies"
6. "It Won't Be Long" — Wood, "students"
7. "I've Just Seen A Face" — Sturgess, Anderson
8. "Let It Be" — Woods, Mitchum, church choir
9. "Come Together" — Joe Cocker, McCoy
10. "Why Don't We Do It In The Road?" — Fuchs
11. "If I Fell" — Wood
12. "I Want You (She's So Heavy)" — Anderson, Fuchs, Carpio, soldiers
13. "Dear Prudence" — Fuchs, Sturgess, Wood, Anderson
14. "Flying" instrumental - The Secret Machines
15. "Blue Jay Way" — The Secret Machines
16. "I Am The Walrus" — Bono, The Secret Machines
17. "Being For The Benefit Of Mr. Kite!" — Izzard
18. "Because" — Wood, Sturgess, Anderson, Fuchs, Carpio, McCoy
19. "Something" — Sturgess
20. "Oh! Darling" — Fuchs, McCoy
21. "Strawberry Fields Forever" — Sturgess, Anderson
22. "Revolution" — Sturgess
23. "While My Guitar Gently Weeps" — McCoy, Sturgess
24. "Across the Universe" — Sturgess (interwoven with "Helter Skelter")
25. "Helter Skelter" — Fuchs (interwoven with "Across the Universe")
26. "And I Love Her" (brief extract incorporated into the orchestral score during the "Across the Universe"/"Helter Skelter" sequence)
27. "Happiness Is A Warm Gun" — Anderson, Hayek, patients
28. "A Day In The Life" — Jeff Beck
29. "Blackbird" — Wood
30. "Hey Jude" — Anderson, Mounsey
31. "Don't Let Me Down" — Fuchs, McCoy
32. "All You Need Is Love" — Sturgess, Fuchs, Carpio, McCoy
33. "Lucy In The Sky With Diamonds" — Bono, The Edge


Read Users' Comments ( 0 )

Twitter: July 21 - August 04

(posted: 2008/08/04/01:04 JST)

またツイッターを。ツイッターは「一言」のときに最適なんだけど、やっぱり後から補足したい。その前に昨年の総裁選時の秘蔵映像を。(秋葉原って今までに2回行ったことがあるんだけど、新宿や東京駅くらい複雑だと思う。全然方向分かんない。先日の事件に関しては、お悔やみ申し上げます。)

video

  • 改造内閣支持率: 朝日24%(-), 毎日25%(+3), 日経38%(+12), 産經31%(+4), 読売41%(+14)

内閣改造後の各紙の緊急世論調査の結果。朝日・毎日と読売・日経で大きく差が開いていて全く信用できない。上げ幅では朝日・毎日・産經は近い。俺もこちらが世論としては正しい気がする。というか、むしろ福田総理自身は支持率には関係ない感じ。

  • 「今週の刃物事件」なんて特集組むなよ ホントにアホじゃないのマスコミ関係者は。もう一括りにさせてもらうけど。良識あるマスコミ関係者なんていない。 ... 約14時間 前 from web

サンデージャポン内。本当に信じられない特集。マスコミ的には今週も刃物で人を無差別に殺傷するような事件が起こって欲しいんだろう。とんでもない話だ。こんな特集組むなら、「今週の私たちの失態」みたいな検証番組作ればいかがか。

  • 国対委員長、官房長官留任・麻生幹事長打診→伊吹氏閣僚へ・参院自民から1ポスト・国交相交代へ 04:30 AM August 01, 2008 from web

まあこんな感じに。法相は死刑に関するスタンスを明確にした。この方は終身刑反対、伝統・文化的死刑制度賛成。いずれにしても死刑制度がある以上、粛々と執行命令を下すべき。

  • 横断幕も禁止にしないと治安が保てないところでオリンピックをやるなよ・・・ 10:12 PM July 31, 2008 from web

だって。へー。すごいオリンピックだ。あと、開会式当日は時々雷雨になるらしいけど、ミサイルで雷雲打ち消すって。凄いね。

  • ミステリー小説なんてみんな持ってるよ・・・。 08:56 PM July 22, 2008 from web

中学生の女の子が父親を殺した事件でのマスコミによる報道。「ミステリー小説を所有」。していない人を探すほうが難しいよ。もうね、所有物と事件の関連性を探すのはやめたほうがいい。ばからしい。

  • 勧められて読んだグラスホッパー、なんか微妙。まあ「面白い」って言われたわけじゃないんだけど。なんか分かる気がした。 ... 10:03 AM July 21, 2008 from web

微妙、というか面白くなかった。伊坂幸太郎の『グラスホッパー』。時間の無駄だから読まないほうがいい。ましてや俺みたいに買う必要なんてない。


Read Users' Comments ( 0 )

Talk: Hello again, Hamilton!

(posted: 2008/08/02/01:37 JST)

なんかこのブログいいな〜いろんなこと書けて、とか思ってた。

* * *

テストも終わり、8月に入って、ようやく一区切りがついたので、映画を見ながら部屋を掃除していた。いらないプリントや「役に立つかな〜?」と思ってとっておいた2007年度の大学資料とかを一律捨てていたら、棚がすっきりして、予想以上に綺麗になって嬉しい・・・あれ映画は?何観てたか忘れるくらい面白くない映画だった。近年稀に見る面白くなさ。その名も『バイオハザード3』・・・2まではマシだったのに、ついにここまで来たか。もう一つ観た映画『大統領暗殺(ブッシュ暗殺)』は手法が斬新でまあまあ。映画が短いのもプラスポイント。

* * *

今日は六本木と銀座に行ってきた。久しぶりの遠出。実に7月11日以来。六本木には綺麗な女医さんに会いに(ジョークよ)。ヒルズのエレベータで外国人と乗り合わせて、降りるとき俺がボタン押してて「お先にどうぞ」的なことをしたのに、その外国人、俺が出るのを待っていた。ちょっとして気付いて「excuse me」とか言って出て行ったけれど、海外にはそういう文化がないのかな?よくわかんない。

* * *

そして銀座へ。こちらのほうがメインイベント。時計のメンテナンスに。愛用している "Breitling Superocean Steelfish" の調子がどうもおかしい。リューズがうまく収納出来なくなってきた。ということで銀座にあるスタジオ・ブライトリングに足を運んだ。



ブライトリングは航空との関係が強い。だからエントランスなんて、飛行機のドアのようなデザインで、押すのか引くのか分からない内に「プシュー」とか効果音を立てて自動に開いた。ああ恥ずかしい。国際保証書や会員証で認証をしてもらって、症状を伝えると、技術者らしき人がやってきて、「この辺に不具合があるかもしれない」みたいなことをおっしゃる。リューズだけの問題ならお盆前後までに出来るとのことだが、ボディに問題があるならパーツをスイスから・・・ということで一ヶ月くらい時間がかかるらしい。寂しいけれど、とりあえず修理をお願いした。

メンテナンス関係の手続が終わると、スタッフに勧められてメンバーズサロンへ入室した。どうやらこの会員証がキーになっているみたい。ドリンクを頂いて、飛行機のシートに座り(なんで飛行機のシートがあるの)、カタログを眺めてた。



カタログが分厚いこと。こんなにモデルあるんだーと思いながら、どうせ手が届かないのでぱらぱら捲って終了。プシューと出て、スタッフさんに挨拶してスタジオを後にした。

* * *

有楽町マルイで買い物して、そこのTSUTAYA BOOK STOREで重松清の『疾走』を購入。文庫が出た当時買ったのだけど、何度も読んでたら流石にボロボロになったので、買い直した。それくらい好きな本だ。重松清が好きなわけではないのだけど、どうしてもこの小説だけはフィクションでも、こんなに冷たい自分でも「この主人公必死に生きたんだね」と思えるのだ。『疾走』は強烈だ。蟹工船なんかより余程こちらのほうがオススメしたい。

* * *

憧れでもあった「電車でDS」をやってみた。というのも、最近電車でゲームしている人多い。しかも女の子でやっている人いるというのだから時代とは変わっていくものだとつくづく思う。で、実際にDSを電車でやってみた。・・・5分くらいで眠くなった。多分「電車では寝る派」なんだろうと思い、すぐにやめた。多分小説も読めなければ、勉強なんてもっての他だろうなぁ。

* * *

なんかタイトルを "Hello again, Hamilton!" にした割に、結局話が出なかった。要するにメンテナンスに行っちゃったブライトリングの代わりに、前に使ってたHamiltonよ、お久しぶりということ。つけてみるとかなり軽く感じたが、こちらはこちらで好きな時計なので、今月中はよろしく!ということで。

* * *

PS...そういえば電光石火の内閣改造があった。福田内閣の下で解散総選挙をするのか、麻生氏なり支持率の高い総裁下でするのか、よく分からない。とりあえず今日の改造では支持率が急激に上がることはないだろう。中山恭子氏が入閣したのは拉致被害者家族の方にとっても心強いのではないか。与謝野氏などの増税派を採用する一方で、完全に上げ潮派がいなくなったのは、ついに自民党も増税を決断するのか!?と思ったけど、よく考えるとこの内閣自体いつまで持つか分からないだけに、期待は出来ない。いずれにしても早く総辞職して、新たな総裁の下で総選挙をやってもらいたい。それだけだ。


Read Users' Comments ( 0 )

Music: "And I Love You So", and more

(posted: 2008/07/31/3:08 JST)

ふと音楽を聴いていて思った、"And I Love You So" って良いタイトルだなぁと。多分タイトルが良い曲というのは内容も充実しているんだろうと思い、iTunesのライブラリを漁ってみることに。なにか他に「これは」と思うタイトルの曲はないのかな・・・。6,000曲以上のライブラリの中からそれらしき音楽たちを抽出してみた。

  • And I Love You So / Don Mclean
  • So Cruel / U2
  • 今夜月の見える丘に / B’z
  • Music is My Hot, Hot Sex / CSS
  • (I Can't Get No) Satisfaction / The Rolling Stones
  • もっと近くで君の横顔見ていたい / ZARD
  • Can’t Tell Me Nothing / Kanye West
  • Sometimes You Can’t Make It On Your Own / U2
  • JAL to Tokyo / underworld
  • Nothin’ But The Blues / 松本孝弘
  • Ain’t No Sunshine / Bill Withers
  • milk tea / 福山雅治
  • Spirit dreams inside / L’Arc~en~Ciel
  • A Song for XX / 浜崎あゆみ
  • Perfect Timing (This Morning) / Orba Squara
  • Fields Of Gold / Sting
  • We Are the World / U.S.A. For Africa
  • Speed of Sound / Coldplay
  • ART OF LIFE / X JAPAN
  • くるみ / Mr.Children
  • 真夜中は純潔 / 椎名林檎
  • 薄荷キャンディー / KinKi Kids
  • Soundscape / BoA

いろんな曲がある。洋邦楽問わずに。タイトルも様々。日本語で良い感じのものもあれば、簡潔な英語タイトルのものも。U2の "Sometimes You Can’t Make It On Your Own(自分ではどうにもならないことだってあるんだよ)" に至っては説明くさいタイトルだが、哀愁が漂っている。おそらくこれらでプレイリストを作ると素晴らしいラインナップになるだろう。朝は "Perfect Timing (This Morning)" に始まり、夕方に "Soundscape" を聴き、夜に "今夜月の見える丘に" を聴くと最高だ。

* * *

まだ福岡帰りを決めていない中、ディズニーランドホテルにも行きたいなぁ(もう決まってるけど)とか、大阪に行きたいなとか、色々考えているだけで楽しみが広がって困る。そんなときにこれだよ。なんだよ、そのタイミング。


HD画質で撮れて実売50,000円以下とか。三洋タイミング良すぎ。ビデオカメラ持っていないから、常々欲しいなとは思っていたけど、ついにこのpinkに押されて買ってしまいそう。8月22日かぁ。ちょっと待たされるな〜。

* * *

最後のレポートも終わり、明日でテストも終わり。なんか早いね。8月上旬には何やら撮影が入っているみたいで、どうなるのか楽しみだけど、突然の雷雨は勘弁てことで。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/07/28/22:00 JST)

会社法わからんぞ・・・ということで、もうここは参考書様に頼るしかないと思い、住んでる近辺で一番近い大きな都市「東京都・・市」に電車でゴー。大型量販店で早速オススメの参考書を聞いてみた。
おいら「会社法の評判のいい参考書ありますか?」

スタッフ「それでしたら、最近大好評で、ついさっき再入荷したばかりのこれはどうでしょう?」

おいら「D...R...A...G...O...N...Q...U...E...S...T.....V?」

スタッフ「一部のファンの間ではDQ5と呼ばれています」

おいら「(これで会社法をマスター出来るのなら・・・)じゃあこれ下さい!」

スタッフ「まいど!」
家に帰って早速この「参考書」を何か白いものに入れて、起動?してみたら、なにやら聴いただけで懐かしく・感動してしまう音楽が流れ出す。これが会社法か。さすが、凄まじい威力だ。・・・知っているよ。いや、知ってたよ。これだけでは会社法はマスター出来ないことを。僕はこの "DQ5" の音楽をiTunes Storeで買った。まさに売買契約。見事に法律行為をやってみせた。もうこれだけで満足。

え?それだけじゃ足りないって?会社法とは直接関係ない?そう思っていらっしゃる方のために、また一つカミングアウトしましょう。実は僕、ある会社の株主なんです。もうそれだけで十分でしょう。まさに会社法!DQ5やっていい?今レベル・・・じゃなくてページ10くらいなんだ。もっと勉強したいんだ。


* * *

怖い夢を見た。凄く可愛い女の子が、実はナイフ投げのプロで、次々と倒されていく。必死で逃げて、逃げて、逃げて・・・忘れた。とにかく怖かった。多分一つくらい刺さったかもしれない。なにあの女の子、可愛い顔しておっかない。こういう夢は見たくない。二重に裏切られるという。

さて、明日は会社法の試験。もう僕は "DQ5" のおかげで完璧だけどね!

・・・こんなんでええんかな。。。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/07/21/00:45)
昨日だったか、アニメ映画版の『時をかける少女』を地上波でやっていた。アニメの映画というのもをこれまで片手で数えられるくらいしか観ていない(ドラえもんとかを除いて)僕にとって、久々のアニメ。気が向いて録画して観たんだよね。今度Blu-rayでリリースされるらしいけど、画質では同等の地デジ放送で観ると、アニメも綺麗だなー。

原作は言わずもがな筒井康隆。何度も映像化されていて、過去にどの作品を観たか定かではないけれど、これが初めてではないと思う。この映画は絶賛の嵐だったにもかかわらず、公開当時はもちろん観ていない。今回が初めて。でも今回観ていて気持ちよかった。現代版『時をかける少女』としてはうまくアレンジされている。これならBlu-ray版発売がファンの間で待望されていたのも理解できるかも。

そしてアニメといったらポニョ。日テレ見ていたら必ずといっていいほど、あの耳障り・・・じゃなかった、なんとも印象に残る曲を聞く。もちろん映画観たい。だけど残念ながら、驚くことに僕は今まで一度も宮崎映画を観ていない。友達と、彼女と観るには相応しく、映画としては無難なはずなのに機会がなかった。嫌いだからというわけじゃない。本当に運悪く観ていないのよ。だからどこから観たらいいかいつも聞くんだけど、人によってマチマチ。で結局まだ観たことがない。逆にこの珍しい状態を大事にしたいとも思うけど・・・。

* * * *

U.S.のiTunes Storeで、MLBの2007年オールスターゲームムービーを1.99ドルで買った。2008も出ていたけれど、今年のはイマイチ。というか昨年のが凄すぎただけかも。なんといってもイチロー。アナウンサーのイチロー連呼。懐かしいなぁ。


Read Users' Comments ( 0 )

Original: MOVE TO SOUNDSCAPE/RS


THE OTHER SIDE OF "RINGO-SANCO" はこれまで ".Mac" サービスを使ってiWebで書いていて、それをRSSでmixiにも配信していました。今回、".Mac" が "MobileMe" にリプレイスされたことで、一つの区切りとして、TOSOを見直し、新たにmixiと連動させたブログ "Soundscape/rs" を開設。もちろん管理人は "ringo-sanco" のfuji ryuichiroです。TOSOは今後の方針を検討中。

こんなところから始めるのもどうかと思いますが、"Soundscape/rs" の日本読みは「サウンドスケーパーズ」で、rsにはringo-sancoの意味も含まれています。というか早い話、soundscapeが既に使用されていて(当たり前だけど・・・)単に違和感ないのにしたかったからかもしれません。今後はこのブログがmixiに投稿されちゃいます。どうぞよろしく。

前説おわり。

さて、iPhone 3Gの存在に関しては、認知度が既に50%を超えているらしく、発売開始までCMをやらなかった割には随分だと思う。ただし「買うか?」との問いには皆疑問符がつくのは理解できるし、実際に私の友人でも知るところで1人しか購入していない。昔から彼とはいつもケータイが被るのだ。晴れて「ただとも」になって、この前1時からずっと通話していた(Skypeでいいじゃん)のだけど、iPhone 3Gの魅力はもしかすると電話機能が担っているのかもしれない。

携帯電話で電話出来て当たり前じゃん、という問いは尤も。でもiPhone 3Gの凄いのは、電話をしつつ、全ての機能を弄られる点にある。日本のケータイは電話しながら何かをするには「変なボタンを押すと電話切れるのでは?」という不安が伴う。iPhone 3Gでは「通話終了」を押さない限り決して終了しない。その友達と話していて、「あのアプリが〜」という話になると瞬時にApp Storeを閲覧しながら話すことも出来る。またメールを電話しながら使うことも出来る。例えばシチュエーションとしては「おもしろい写真送るよ」という話になってすぐメールで受け取れ、リアクションしつつ写真を保存する。次のPCとの同期のとき、PCに転送される。

今述べた機能の中には、当然一般のケータイで出来ることも含まれる。ただし、ユーザビリティの面では断然iPhoneが上だ。通話はお互いハンズフリー(もしくはヘッドセット)で行い、手は余っている。こうした環境で、ベストな使い方が出来るだろう。

ただし危惧していることもある。しかもその懸念は女子高生から発せられた。表参道で並んでいて、15時くらいにまさにソフトバンク表参道の前まできたとき、下校中の女子高生集団がiPhoneのことを話している。「みんな同じケータイって嫌じゃない?」。そのときは「うるせーよ」とジョークを飛ばしたが、よくよく考えると確かに被りまくり。既に友人と被っている。私のAppleファンの間では数十人も買っている。なんとかオリジナリティを出したいところだが、ストラップも付けられない仕様で、なかなか難しい。うーん、ペイント?デコレーション?ちなみにスワロフスキーのデコレーションには若干の憧れも。

とはいえ魅力は語り尽くせない。どうやらここ数回の記事はiPhoneが少なからず登場しそうだ。


Read Users' Comments ( 0 )

Twitter: July 07-19

Twitterのつぶやきを振り返ってみる。

アフリカ、アメリカ、次はイギリス・・・ 08:57 AM July 07, 2008 from web

期末試験の勉強の話。まず厄介な「アフリカについてのレポート」から片づけ、そして「アメリカの文学についてのレポート」を片づけ、「イギリス映画」についての試験勉強・・・一体何学部だ。。最近「刑罰についてのレポート」を書き、ようやく専門に復活した。

まーた留学生いっぱい動員して 笑 05:56 AM July 08, 2008 from web

中国の胡錦涛国家主席が洞爺湖サミットのため来日したときの空港でのお出迎えの話。他国と比較すると明らかに違った。ご苦労さま。

熱が・・・夏風邪? 09:14 AM July 08, 2008 from web

iPhone 3G購入前まさかの体調不良・・・。37.5度の熱。結局体調不良のまま突入。でも買うと安心したのか、どこか行っちゃった。

警棒持った警官だらけだ〜普段からこうしてほしい 11:24 AM July 09, 2008 from

サミット期間中に六本木に行ったときのこと。渋谷、青山一丁目、六本木いたるところに警棒を持った警察官が。普段からこれくらいしないと通り魔などの犯罪はなくならない。

加藤紘一。あーだめだ。なんで?旧社会党以上にのめり込んでいる。。なぜ政府は救う会に冷たく当たるのか・・・。 ... 02:47 AM July 10, 2008 from web

この人は一体何を考えているのか・・・。BS番組で「約束通り拉致被害者を北朝鮮に返せばよかった」とコメント。この人もそうだけど、自民党は本当に拉致解決のために行動しているのか・・・つくづく疑問。

今向かっています 表参道どんなかんじかなあ 10:30 PM July 10, 2008 from mobile web

iPhone 3G発売前夜。表参道へ。着くとそこは異様な雰囲気。ケータイの新風に次の日のマスメディアはとにかく凄かった。

どこかの大使にはおひきとり願おう 03:50 PM July 14, 2008 from twitterrific

韓国の大使。学習指導要領の解説書に竹島明記により、今後竹島についての記述がほとんどの教科書にされるだろう。もし大使帰って、抗議きて、やり直し、ということになったら政府は干渉されたのと同じ。この大使日本に戻りなくないらしい。じゃあ丁度いいじゃない。

固有の領土と明記すべきだった... 07:18 PM July 14, 2008 from twitterrific

同上。はっきり言って明記だけじゃ足りない。領有について書いてない。ただし良識ある教科書出版社のなかには記述するところもあるだろうから、そちらに期待。

この暑さを擬態語で表したい・・・。 03:26 PM July 17, 2008 from web

最近暑いよ。あの家から出たときの暑さ。あれを表したいんだけどなかなか難しい。むほっ、むわぁ〜ん、なんかこんな感じ


Read Users' Comments ( 0 )