Twitter: September 20-27

  • 中山大臣の辞任は非常に残念 約20時間 前 from web
  • マスコミの揚げ足取りはもう飽きました!日教組批判して何が悪い。 11:54 PM September 25, 2008 from web

国交大臣中山成彬氏の発言について。「失言」はマスコミが作り出すもの。今回の日教組批判を最後まで貫いた態度はあっぱれ。誰かが言わなければならないことがある。一議員でなく大臣だと重みも増す。大臣に辞任を求めたり、議員辞職すら促す日教組はどれほど偉いのか。たかが労働組合崩れが、しかも子供に学問を教える立場の教員が政治に口を出すなどもっての外。百害あって一利なし。日教組批判して何が悪い。

  • 小泉氏、引退へ。 07:25 PM September 25, 2008 from web

見事な引き際。政策うんぬんではなく、信念を貫く姿勢は評価に値する。

  • ジョージワシントンでけー!「はじめまして」だって。なかなか茶目っ気のある入場。 09:16 AM September 25, 2008 from web

一言で申すと、男にとって軍艦、戦闘機、戦車の類いは魅力的。それだけ。

  • 堅実なら地味、華やかなら人気取り、自分で決めたらお友達、経験重視なら世襲、若手なら頼りない・・・もうバカメディアのくだらないコメントは聞きたくないね。 ... 07:13 AM September 25, 2008 from web

麻生内閣発足時。派閥の長など経験者で固めると地味・論功と言われ、華やかな女性などを入れると人気取り・経験もないのに、と言われる。メディアが内閣を褒めることなど一度たりとてないのに、そういうことの繰り返し。朝から嫌気がさす。

  • ガンバレ ジャイアンツ! 07:21 PM September 21, 2008 from web

ジャイアンツファンであることを数年間忘れていた一言。最近面白いね。

  • イキガミと生活維持省、たしかに酷似している。イキガミが映画化するから騒々しくなったのだろうか、結構昔からマンガはあったけど。 ... 07:18 AM September 20, 2008 from web

いや、似てるでしょ。イキガミは映画化とかそんな大きな話以前に2巻ほど買っていたけど、先日無料公開された星新一の『生活維持省』と似ていると言わざるを得ない。著作権ってそういうものでしょ。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/19/05:47 JST)


16日に、有楽町のよみうりホールにて、新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』の特別試写会が開催され、私も観てきた。10月11日から全国で公開される『フレフレ少女』は、高校の応援団の再起/人を応援することの意味を問いかける映画だ。率直な感想は、『ウォーターボーイズ』系の応援団版といったところ。ただ、全く期待していなかったこともあってだろうか、度々入るジョークなどに釣られて少しは面白いと思った(かもしれない)。アンケートに「100点満点で何点?」という問いがあったので、あえて答えると、「55点/100点」。★5つ評価の3個弱。新垣結衣が好きなら、観ていて満足するだろう。内藤剛志が好きでも良いかもしれない(・・・)。

* * *

自民党新総裁の麻生氏(決まったようなものだから)と民主党の小沢氏が、同じ選挙区で争うことになると、非常に興味深い。この話は自民党から出ているので、仮に自民党が方針を党として決定した場合、民主党が小沢氏の選挙区を他の区へ回避すると、すなわち「逃げた」ということになる。民主党としても普段から「民意」の反映を望んでいたはず。新総裁との衆院選での対決は、ある意味で、現行憲法上、最大に「民意」を反映出来る、実質の首相指名直接選挙ということになる。

ただ、麻生氏が小沢氏に負けて、全体で自民+公明が数で勝るという「ねじれ」が生じたら・・・それはそれでまた政治が面白くなるかもしれない。どのような形になったとしても、正常に機能する安定した政治を早く確立して欲しい。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/10/23:58 JST)


今日発表された新しいiPodシリーズ目当てで銀座へ。その前に渋谷で映画を。『コッポラの胡蝶の夢』。私の大好きな『ゴッドファーザー』シリーズの監督でもあるフランシス・フォード・コッポラによる10年ぶりの傑作!なんと東京で上映しているのは渋谷シアターTSUTAYAのみ。最近リニューアルされたシアターで、THX認定も受けており、なかなか音響がよかった。

コッポラと言えば音楽。今回もシーンに合う音楽が色々登場する。ストーリーは、70歳を超える言語学者のドミニクが、昔愛した女性を忘れられないまま孤独に自殺しようとしたとき、雷に打たれ、大怪我を負う。しかし、治療とともに、ドミニクは見る見るうちに若返っていく。あるとき、昔愛した女性に酷似する人と出会う。彼女は、ドミニクの言語学の滞りを補いつつあった。その研究も完成間近というときに、あることは起こる。

こんな感じ。もう一度観たい。そして内容を十分に理解したい、そう思う映画だった。やはりコッポラさんは素晴らしい。

* * *


iPod nanoはやはり事実上の値下げとなった。早速入手したが、かなり小さい。そして非常にカラフル。日本では、この後のクリスマス商戦のキラーアイテムになるだろう。


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/06/0:48 JST)


3月にイヌの映画をみたので、今度はネコの映画を。多分観た理由はそんなところ。本日公開。昨日『闇の子供たち』を観た渋谷シネマライズでは、今日の初回上映で舞台挨拶があったそうだが、私は近場で。シネマライズ同じく、初回上映時にはメイキングDVDをプレゼントしていた。

私はネコ派だ。この映画は3月のイヌの映画とは違い、ネコにスポットを当てたとは言えない。ネコがいる中での、漫画家の生活を描いている。したがって予告編のようにネコが可愛い仕草を見せているのは時間では比較的少ないと思った。監督は数々の話題作を撮っている犬童一心。この映画はそれほどまでにオススメはしないが、ネコと上野樹里が好きなら観ても損はない。ちなみに私は上野樹里が好きなわけではない。どちらかと言うと小泉今日子派だ。

という冗談はともかく、本日公開映画でもう一つ観たい作品がある。これまた近々友人と観る予定。あと、10日は恐らく銀座に新しいiPodを・する予定なので、その辺りでもう一本観ようと思う。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 闇の子供たち

(posted: 2008/09/06/23:59 JST)


昨日、渋谷のシネマライズにて。映画といえばシネマライズ、という方もいるかもしれない。私は初めて行った。というのも『闇の子供たち』は単館系で、日数が経っていることもあり、上映しているシアター自体が東京でも5つ程しかない。ということで利便を考え、ここにした。

『闇の子供たち』はヤン・ソギルの同名小説の映画化作品だ。出演している俳優は、江口洋介、宮崎あおい、佐藤浩市、妻夫木聡など。この映画は衝撃を与える。描かれている内容はとても信じられない話だ。タイでの臓器移植をテーマとしたこの話で、江口洋介演じる新聞記者はその実態を探るため、宮崎あおい演じるNGOの職員は子供たちを救うために現地で活動する・・・

どこまでが本当なのか、それほどまでに衝撃を受ける描写がある。タイの身寄りのない幼い子供たちが牢獄のようなところで不衛生に生活している。普段は観光客などの買春相手として強制的に働かされているのだ。そしてエイズにかかったり、病気になった子供は、ポリ袋に入れられてゴミ収集車に捨てられる。

そうした子供たちが強制的に臓器移植のドナーとなり、生きているのにも関わらず麻酔により心臓を取り出される。映画では、こうした現状を知っていながら、自分の子供の臓器移植を依頼する日本人の夫婦に、宮崎あおい演じるNGOの恵子が「許されると思っているのか、手術をやめろ」と激しく詰め寄る描写もある。夫婦は言う。「私たちの子供を殺す権利があなたにあるのか」と。恵子は「タイの子供たちを殺す権利があなた方にあるのか」と反論。

事実として、つい最近でも中国やタイなど東南アジア地域で臓器移植手術を行っている日本人が多いことはニュースになったことがある。日本での臓器移植は年齢制限があり、海外で合法的に行うには時間がかかるというのが、そうした闇の臓器移植が行われている所以だ。映画の現状が誠ならば、はっきり言って勝手極まりない。自分の子供をどうにかして助けたい親の心は分かる。だが、彼らの命を奪う権利は誰にもないはずだ。

加えて、こういうことを言うと多少の良心の呵責があるが、ときどき渡米手術のために1億とか5,000万とかの募金活動をしている団体がある。そしてそれにメディアも注目する。巨額な募金が成功すれば彼らは助かるかもしれない。だが、病気に困っているのは彼らだけではないはずだ。そうした不平等はなぜ起こるのか。

色々なことを考えさせられる映画。前述の通り、この映画を上映しているシアターは限られている。特に同じ学生であれば、医学部生、法学部生に観て欲しい映画だ。なお、この映画のために桑田佳祐が主題歌『現代東京奇譚』を書き下ろしている。



Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/09/03/0:58 JST)

(第4世代iPod nano専用ケースとされるもの)

おそらく今日午前辺りに、メディア関係者に招待状が届くだろうが、日本時間10日未明にもAppleは現地でスペシャルイベントを開催し、iPodシリーズを刷新する。現行では、iPod touch, iPod classic, iPod nano, iPod shuffleがラインナップされているが、これらの殆どのモデルをメジャーアップデートする模様だ。以下、現行ラインナップと、アップデート後(あくまで私の予想)の比較を挙げる。

iPod touch(→多少のデザインチェンジ/大幅値下げ)
/8GB-36,800円→23,800円
/16GB-48,800円→33,800円
/32GB-59,800円→42,800円

iPod classic(→ほぼ据置/マイナーアップデート/値下げ)
/80GB-29,800円→21,800円
/160GB-42,800円→32,800円

iPod nano(→メジャーアップデート/ワイド画面/縦長/曲面デザイン/事実上の値下げ)
/4GB-17,800円(→13,800円 or disappear)
/8GB-23,800円→17,800円
    (→add: 16GB/23,800円)

iPod shuffle(→マイナーチェンジ/値下げ)
/1GB-5,800円→4,800円
/2GB-7,800円→6,800円
       (→add: 4GB/9,800円)

価格はあくまで予想。確実に言えることは、iPod touchのデザインが変わって大幅に値下げされることと、iPod nanoが大幅にリニューアルされること。全体的な価格が下がることは間違いないと思う。発売時期について、iPod nanoは日本時間の10日にアップル直営店に並ぶだろう。他の製品については定かではないが、同時発売でない場合も、数日中に登場すると思われる。

iPod購入を考えている方は一週間待ったほうが良いが、現行デザインのiPod nanoが好きならば今の内に買っておくというのも手かもしれない。昨年も丁度この時期にiPodのモデルチェンジをしている。AppleはBack to schoolの需要が高まるこの時期にMacもアップデートすることを計画しており、来月にもMacBookなどが刷新される。

UPDATED:
Appleからメディアに招待状が届いたようだ。やはり9日、話題はiPod+iTunes。日本時間の10日未明にも新しいiPodが発表される見込み。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: What Happens in Vegas...

(posted: 2008/09/01/23:52 JST)


今日はファースト・デイなので1,000円で映画が観られる!ってお金の話は置いといて、『ベガスの恋に勝つルール(What Happens in Vegas...)』を観てきた。キャメロン・ディアス主演の一風変わったラブコメディー。なぜチョイスしたか、それは僕のブログで、20世紀フォックスと映画の提携広告を出していたのにも関わらず、未だ観ていなかったから。

ストーリーは、2人(ジョイ/ジャック)の傷心した男女が偶然ベガスで出会う。すべてを忘れて豪遊する2人は、酔った勢いで婚約まで。次の日、お互いが頭を冷やして婚約を破棄。その直後、ジョイのクオーターで、ジャックが300万ドルを当てる。300万ドルを巡ってジョイはジャックに婚約していたことを持ち出す。裁判の結果、2人は半年間の結婚生活を送ることに。でもこの2人、全く合わない。・・・

どたばたコメディーで、テンポもよく面白かった。さすがハリウッド女優といわんばかりのキャメロンの演技やスタイルには目を惹きつけられる。音楽でも、JETの "Are You Gonna Be My Girl" が使われたりと、なかなかクールだった。



あと、家に帰るとBoAのファンクラブ "SOUL" の会報が届いていた。いやーこれを年に4回もらえるだけでもファンクラブに入っている価値があるというもの・・・。

* * *

明日は・・・まあいいや。


Read Users' Comments ( 0 )