携帯電話最大手のノキアは27日、日本国内での端末の販売および販売活動を打ち切り、国内の販売市場から撤退することを発表した。同社によると、今回販売の打ち切り対象となるのは、ノキア直販モデルだけでなく、NTTドコモとソフトバンクモバイルといったキャリアブランドで販売されているモデルも含むとのことで、現行の販売形式から一切手を引く形になる模様。販売活動は2009年上期中に停止するとしている。

既に発売されているノキアブランドおよびキャリアブランドについてはこれまで同様、不自由のないように引き続きユーザーサポートを行っていくとしてるが、 キャリアブランドの既に発表していて未発売のモデルに関しては、「キャリア提供の端末であり、先方と話しながらどう進めていくか検討していくことになるため、ノキア単独ではコメントできない」としている。また、同社のモデルを販売しているNTTドコモとソフトバンクは、「詳細は確認中」とのこと。

先日、一部報道で明らかになった、ノキアの日本におけるキャリア事業進出は否定しておらず、今月中にはキャリア事業についても詳細が発表されると思われる。本日のプレスリリースにおいても「ラグジュアリーマーケットを対象とした、手作業で作られる特別な携帯電話のVertuも引き続き日本での活動を続けていく」と述べている。

日本経済新聞によると、ノキアが撤退に至る背景には、日本の携帯電話市場の飽和状態も起因して2007年度の出荷台数は20万台以下、シェアは0.3%程度にとどまるなど厳しい状況があった模様。来年3月にサービスをスタートするキャリア事業において、販売網を一本化して、高級携帯電話の販売に特化させる方針だ。

NTTドコモは、未発売のE71に関して「販売中止を含め、両社で今後検討していく」とコメント。ソフトバンクは、N82に関して「予定通り発売する」とした上で、E71を含めた「今後については、これからノキアと話し合いを進めていく」と述べている。

ノキア、日本の事業展開の見直し(プレスリリース)


Read Users' Comments ( 0 )


携帯電話の最大手でフィンランドのノキアが、日本において来年2月にも携帯電話事業に参入することが明らかになった。体系は、NTTドコモから回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)で、来年2月に端末の発売を開始し、3月からサービスをスタートする方向で調整をしている。

ノキアによるキャリア事業は、当初は高級携帯電話の販売チャンネルとしてスタートする。2002年から展開されている高級シリーズ "Vertu(ヴァーチュ)" をラインナップ、価格は160万円〜500万円程度となり、24時間態勢のコンシェルジュに直接コール出来るボタンが搭載されている。

通信料金はノキアが独自に設定するほか、販売網の構築も行う見込み。ノキアでは、来年初めに東京銀座に第1号店をオープンを予定、順次、大阪や名古屋などに拡大していく。将来的には安価な量産モデルも投入し、日本国内でのマーケットシェア2桁を目指す方針。

ノキアのMVNOによる携帯電話事業参入は、今月にも正式に発表される。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 容疑者Xの献身


久しぶり(1ヶ月くらい?)に劇場で観たのは、大ヒットしているガリレオシリーズ劇場版『容疑者Xの献身』だ。今更?と思われそうだが、今更なのだ。テレビドラマのガリレオを観ていたので、配役等には全く気にすることなく観られた。福山雅治が好きなので、一層楽しみだった。

「無難」映画の出来はどうか。観る前のイメージは「人気ドラマの映画化」程度にしか思っていなかったが、実際は違う。本格的なミステリー映画となっている。原作はまだ読んでいないが、おそらく原作の出来が良いのだろう。でなければ、ここまでのミステリーにはなるまい。2時間弱のストーリーで、起承転結はおろか、最後に客を驚かせ、納得させる手法は映画を観ていて面白いと思える要素の一つだろう。

「献身」の指す意味が観る前は分からなかった。容疑者Xはともかく、何に「献身」しているのか。その辺りの疑問も映画を観れば全て解決する。後味がすっきりする作品となっている。これとは対照的なので思い出したのが『アンフェア』というドラマシリーズだ。面白いには面白いのだが、あまりに伏線をはり過ぎた上に、スペシャル、映画と作った結果、回収はされないまま、さらに辻褄合わせも出来ていない。まさにアンフェアな作品だった。それが良いと思うならそれでも良いのだけれど。

第一、犯人撃つときに、いきなり心臓狙うわけがないじゃん。なんで最初から射殺目的なのかが分からない。腕とか足とか肩とか狙えばいいのに。ジャックバウアーもそこまでしないよ。

後半は『アンフェア』に対する愚痴でした。『容疑者Xの献身』は映画としての出来は素晴らしかった。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: WALL・E(ウォーリー)

12月5日から日本で公開されるピクサーの最新作 "WALL・E" を、ひと足早くiTunes Store USで購入して早速観た。WALL・E(ウォーリー)は、荒廃した地球で黙々とゴミの積載作業をこなす、作業ロボット。ある日宇宙船に乗ってやってきた調査ロボットEVE(イブ)に出会うストーリーをピクサーらしく描いている。

「黙々」と書いたが、嘘になる。ウォーリーは好奇心旺盛で、ゴミの中から興味のあるものをコレクションしている。その中のミュージカル映画をいつも観て、人間を真似てダンスをやっている。こんな旧式のロボットとコントラストに、イブは最新作のツルツル。しかもかなり好戦的。で短気。目で感情が伝わってくる。2つのロボットのほほ笑ましい出会いと、ラブストーリー(?)は、異色ながら自然に受け入れられるだろう。

前述の通り、日本での一般公開は12月5日。ウォーリーとイブの精巧なフィギュアが欲しいけど、売っているのかな?


Read Users' Comments ( 0 )

(posted: 2008/11/14/07:33 JST)

時々報道される「ケータイショップにおける携帯電話の盗難」ですが、最近でも関東地区で4件、約300台の窃盗が起きているようです。盗難に遭うのは、NTTドコモとソフトバンクモバイルのケータイで、これはSIMカードを入れ替えることで「機種変更」が出来るからです。

具体的には、SIMカードのない旧世代のケータイにおいて、店頭で電話番号を抜く手続きを踏み、本体の番号情報がクリアになるため、「白ロム」と呼ばれています。FOMAなどの第3世代ケータイではSIMカードが採用されており、カードを外した時点で「白ロム」となり、挿した時点で自分のケータイとして使えるため、店頭での作業は(基本的には)不要になりました。

では、こうした「白ロム」に何故需要があるか、ということに関しては、まず、正式に機種変更するよりも安価に済むということが挙げられます。例えばソフトバンクの場合、2年以上の機種変更でも実質負担で2万円以上になる機種が、白ロムでは1万円台で販売されている上、2年間の縛りもありません。最近ではドコモも同様の状態となっています。

さらに、グローバルケータイが広まるなか、日本のケータイが海外で高値で取引されている現状もあります。有名なところでは、ボーダフォン時代の一部のGSM対応ケータイが中国で非常に高価で販売されていました。こうした海外への転売では、警察により「業者」が摘発された事例もあります。

SIMカードを採用して、海外でも利用可能なケータイが登場し、当時のボーダフォンが大きな被害を受けたにも関わらず、なぜ未だに有効な対策が講じられていないのか疑問です。数年前か ら分かっていたことであり、「白ロム」の認知度も過去に比べて非常に高まっています。ソフトバンクによる、オークションでの白ロム売買の制限なども表向きは効果的であっても、国内での売買そのものは違法ではないため、個人の自由な売買を制限する制度には、根本的に欠陥、もしくは行き過ぎの部分があるのも否めません。

KDDIのauケータイが被害の対象にならないのは、KDDIが採用しているSIMカードは事実上ロックがされており、「抜き差し」だけでは番号の移動が出来ない仕組みが採られているからです。こうした仕様がSIMカードそのもののユーザビリティを阻害しているという考え方も出来るため、SIMカードそのものに制限を加えることはあまり好ましくありません。趨勢からも、総務省は、むしろロック解除の方向で動いています。

問題にすべきなのは、最近多発している「窃盗」や、身分などを偽って契約を行う「詐欺」などの犯罪により不正に入手されたケータイが転売されることや、二次的にそうした行為を行うことを募る組織がいることです。シリアルナンバーなどによる管理は行っているのでしょうが、不正に入手したケータイが流通しても、 ユーザーが利用できないような仕組みを整えたり、契約自体を後々に効率的な管理が出来るものに変えていくのも望ましいと思います。「白ロム」を登録制にして、過去の登録をプライバシーに接触しない程度で参照できるようにするのも良いかもしれません。ユーザーに余計な負担はかかりますが、やましい部分がない場合、個人的には別にいいかな、と感じます。「ネットから出来る」とかになればもっと便利でしょうけどね。

一方で、消費者が自然に賢い選択をするというのは当然のことで、オークションなどで安いケータイが売られているのに、2年間の縛りに自ら引っかかるようなことは、率先してやりたくはないことも確か。この辺りもキャリアがもう少し長期契約者を優遇出来れば、正規に買う人も増えると思うのですが、MNP導入以降、キャリアは口ではサービス勝負と言っても、結局は新規を獲得したいでしょうから、なかなか長期ユーザーは恵まれません。

私が使っているディズニー・モバイルなんて、今年3モデルしか出ていない上に、マーケットが小さいので白ロムや転売というものが未発達で心地よいです^^ iPhone 3Gもソフトバンクが四方を固めているので、なかなかそういう話は出てきませんね。悪質な業者は巧みなので、キャリアがもっと賢くなる必要があります。

参考
ドコモとSB携帯、大量盗難 機種変えやすく、転売狙い(朝日新聞)


Read Users' Comments ( 0 )