Movie: 誰も守ってくれない


『誰も守ってくれない(Nobody to watch over me)』は、本日から公開された佐藤浩市主演のドキュメンタリー風映画。加害者家族を守る任務を与えられた刑事と、加害者の妹(演: 志田未来)の苦難を事件発生から鮮明に描いている。

一般的に被害者遺族に注目が集まる中、加害者家族がどのような理不尽な苦しみを味わいながら生活をしていかなければならないかをリアルに伝えている。映画では、志田未来演じる沙織の兄が小学生2人を殺害した容疑で逮捕され、周りの環境は一変する。マスコミに家を囲まれ、インターネットでは「社会的制裁」としての嫌がらせ、掲示板などによる名誉棄損・・・こうしたことから守るために、しばしば警察は加害者家族を保護しているそうだ(映画の冒頭で、警察は当該措置を公表していないとしている)。

映画ということもあり、多少演出には脚色が見られるが、それでも近年のインターネットを中心とした限りない名誉棄損は深刻だ。私はメディアの報道が一番問題だと思う。「報道の自由」を振りかざし、家に押し掛け、加害者の家族に謝罪をさせ、映像を撮り、一斉にTVで流す。

これまでにもメディアスクラムは実際の様々な事件で問題とされてきた。記憶に新しいのは、親類2人が殺され、当初は被害者遺族としてTVに出ていた男性が、犯人ではないかと疑われているという旨の報道をし、TBSの朝のニュースでみのもんたが、男性を真犯人であると受け取れ兼ねない発言をして、のち、謝罪した。

私はこう思う。橋下徹大阪府知事の考えと同様であるが、容疑者逮捕の段階で実名報道するのではなく、被告人として裁判で有罪になった場合に初めて公表するのが適切ではないだろうか。裁判の判決が下るまで、被告人は推定無罪であり、仮に無罪になった場合、既に実名報道されて棄損された名誉は帰ってこない。そもそも容疑者段階で実名報道することに、我々視聴者として何のメリットもない。「犯罪者がどのような人だったか」というニュースも、趣旨が全く読めない。特に、容疑者の小学校の卒業文集を公表してどうなる?

今回は映画同様「加害者家族」の立場で書いたが、最近世間を賑わせているような凶悪犯罪に対しても憤りを感じるのは事実で、被害者遺族の無念も考慮しなければならない。だがあくまで「裁判」を以っての話だ。このドキュメンタリー的映画は、そうした社会の一種の病的な部分を良く描写している。

p.s. 今日、駅で私が知らずに落としたパンフを拾って、追いかけて持ってきてくれた方に感謝します。


Read Users' Comments ( 0 )


いやアゲインじゃない。公開前。10月に東京国際映画祭の特別招待作品として観た宮藤官九郎監督の傑作『少年メリケンサック』は来月14日から公開予定です。本年、最もバカで、ハジけた映画として全面的にプッシュしたい、この作品。もちろん普段買わないような公開前の関連商品にも手を出してしまった。


左は、前売券にローソン特典として付いてきた『少年メリケンサック ナビゲーション お買い上げありがとうございました DVD』で、約20分のインタビューやメイキング映像が収録されている。中央は『少年メリケンサック オリジナル・サウンドトラック』、銀杏BOYZやメンバーの峯田が実際に携り、この映画の中心楽曲でもある「ニューヨークマラソン」や、勝地涼が劇中で歌い少年メリケンサックのメンバーに酷評されたネタ楽曲「さくららら」などが収録されている。個人的には、田辺誠一(ホントのボーカルはZAZEN BOYSの向井)が劇中で歌う「アンドロメダおまえ」が好き。右は『少年メリケンサックは、こんな感じ』というイントロDVD。40分程度のメイキングが入っている。面白い撮影シーンの裏側や、スタッフのミスでクドカンがイライラする場面もあり、観る価値あり。



全て満足行くもので、タワーレコードの特典として告知ポスターが付いてきた。さらに前売券にはキム兄のステッカーも。メイキングでここまで面白い映画というのも滅多にない。この映画は間違いなく今期オススメのバカ映画。私のケータイも少年メリケンサック仕様にしてみた(上画像)。まあこれは合成だけど、本当のケータイもこんな感じになっているので嘘じゃない・・・。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: マンマ・ミーア!


かの有名なミュージカル『マンマ・ミーア!』の映画版が英米合作で昨年世界で公開された。残念ながら日本ではスケジュールの関係で2009年1月30日からの公開と、半年ほど遅れている。私は英国から既に発売されているBlu-rayエディションを購入して早速観た。

『マンマ・ミーア!』自体には特に付け加えることはなく、映画もABBAの楽曲を用いたミュージカル形式となっている。特筆すべきはソフィ演じるAmanda Seyfriedと、その母でホテルオーナーのドナ演じるMeryl Streepだ。彼女達の元気さ、ミュージカル特有の演技力、歌唱力は素晴らしい。さらに007シリーズでお馴染のPierce Brosnanが父親候補3人のうちの1人を演じていて、ついつい注目してしまう。

こうしたミュージカル映画は他にもあるが、この『マンマ・ミーア!』は異様なほどのヒットを記録した。英国では『タイタニック』をしのぎ、興行収入一位の記録を更新し続けている。同時にサウンドトラックも海外のチャートでは上位を占めるなど、2008年を代表する映画の一つになった。


おまけ

President Barack Obama's inaugural address

My fellow citizens:
I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because we the people have remained faithful to the ideals of our forebears, and true to our founding documents.

So it has been. So it must be with this generation of Americans.

That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land — a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America — they will be met.

On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

We remain a young nation, but in the words of scripture, the time has come to set aside childish things.

The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of shortcuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted — for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame.

Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things — some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.

Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions — that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act — not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together.

We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

Now, there are some who question the scale of our ambitions — who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them — that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works — whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public's dollars will be held to account — to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day — because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control — and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our gross domestic product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart — not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our founding fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort — even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus — and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West — know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us today, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment — a moment that will define a generation — it is precisely this spirit that must inhabit us all.

For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends — hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism — these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility — a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

This is the price and the promise of citizenship.

This is the source of our confidence — the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

This is the meaning of our liberty and our creed — why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

"Let it be told to the future world ... that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet (it)."

America, in the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words.

With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

Barack H. Obama//White House.com


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: 007 慰めの報酬

007シリーズ第22作で、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド2作目、『007 慰めの報酬(Quantum of Solace)』を先行上映で。これを観る人は前作『カジノ・ロワイヤル』必見。というのもストーリーは続編扱いで、所々話に上がる人の名前も前作を踏襲する者がいるから、観ていないと理解しづらい。

彼がジェームズ・ボンドに抜擢されたときは「相応しいか」の議論があったが、もはや杞憂だろう。彼は紛れもなくジェームズ・ボンドであり、新たな007シリーズに相応しいキャラクターを魅せている。これまでのボンドはお調子者のジェントルマンといった感じだったが、ダニエル演じるボンドは人間味溢れる冷酷さを備えている。

映画は前作に引き続きアクションシーンがダイナミックに撮られている。技法というのもあるのだろうが、とにかく他の映画では体験できない迫力あるシーンの連続だ。ストーリーは、上映時間の短さゆえか、やや甘い。悪役のドミニクも、少々手ぬるい。ラストへの持って行き方は充分満足できるが、それまでの内容は薄い。誰もが思っていることだろうが、冷戦後、007のテーマとも言えた西側諸国v.s.東側諸国の構図がなくなりつつあり、「悪役」の設定のヌルさは否めない。

とはいえ、あくまで旧来の007シリーズとの比較であるため、新007としては見事に続編を作っている。ただボンドガールの存在が薄れているのは残念だった。前作に引き続きソニー傘下MGMの制作のため、登場するケータイ、PCなどは全てソニーブランド(VAIO type U/C902 by Sony Ericssonなど)だ。最新技術満載のハイテク007もなかなか良い。これはこれで好きになれる。


Read Users' Comments ( 0 )

Column: 人の「退き際」


人には「退き際」というのがある。それはどんな人でも該当し、学生の退き際は卒業、社会人の退き際は退職、人生の退き際は「死」だ。この中で必然にして起こるのは「死」だが、他においても時機来れば皆それに従わざるを得ない。ここではそうした「退き際」について少々お話をしたい。

「退き際」が組織、社会または世界に影響を及ぼすのは、人物が偉大であるとき、または絶大な権力を保持しているときだ。彼らは、あるときは自分が偉大であるがゆえに退き際を誤り、いつまでも自らに影響力があると自負し、結果、周囲を混乱させる。または、絶大な権力を失いたくがないゆえにあえて退かず、自らを退けようとする勢力があるならば、権力を以て排除しようとする。

こんな例がある。日本共産党書記長・初代委員長・議長を歴任して、2007年に亡くなった宮本顕治について、元日本共産党最高幹部で評論家の筆坂秀世氏は次のように述べた、「どんなにカリスマ性を持った人物でも、自分の退き際までは分からなかったようだ。」

私の懸念はこの筆坂氏の言葉に集約されている。AppleのCEOであるSteve Jobsだ。彼は若くしてAppleを創始し、ここ数年だけにおいても、iPod、iTunes Store、iPhoneなど、コンピュータのみならず、様々なジャンルの成功者になろうとしている。彼が偉大で、かつカリスマ性を備えた世界でも希有な経営者であることは間違いない。Appleファンの殆どが彼を愛していることも分かっており、私もその一人に他ならない。彼のプレゼンを超えるものはいないとも思う。それほど彼の持つ影響力・存在感というのは強い。


1月初旬、彼は公開書簡において、ホルモンバランスの悪化により体重が激減しており、療養は春までかかることを明らかにした。その翌日のMacworldにおける同社の基調講演は、ワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のPhilip Schillerが完全に指揮をとり、Steve Jobsは会場に姿を現さなかった。

そして本日、Appleは、Steve Jobsが社員に送ったメールを公表。症状が想定以上に複雑だったこと、療養のため6月末まで休職すること、その間の業務をCOOのTim Cookに代行させる旨が書かれている。この発表を受けてAppleの時間外取引の株価は急落し、一時取引停止まで至った。

このニュースはファンの間でも話題となる。大半の意見は「療養して復帰して欲しい」というものだ。気持ちは分かる。前述の通り、Appleファンの大半はSteveのファンだ。彼の主導なくしてAppleなしという意見もある。だが私は少々異なる。つまり「退き際」の問題なのだ。どんなに優れた人物にも「退く」時はやって来る。あとはその人物が判断するだけだ。このことはSteve自身もファンも分かっている。彼は書簡で「自らがCEO業務不能に陥った場合、真っ先に取締役会に報告する」と述べている。ファンも、彼が癌の手術を受けたあたりから、後継者について様々な憶測を語っている。


引退が適切に行われればいいと思う。私は無責任に「早く良くなってAppleに戻ってね」などとは、ゆめゆめ言えない。Steveが好きで、これからも彼の基調講演を見る機会があればどんなに嬉しいか。だが、その代償が、例えば株主にとって株価の下落だったり、ユーザーにとって製品開発への支障だったりする場合、そのような状態を私は全く期待しない。

彼が病気になる、彼が療養する、これで株価が下がるほど、彼の社会的影響力は高いのだ。彼はCEOを続け、重要案件に対しては関与すると述べている。春までに回復すると公表した僅か1週間後に休職を発表した。そしてニュースは駆け巡る。自身の身体のこと、そして影響力は彼が一番わかっているはずだ。私は、彼が最高の「退き際」を見つけ、速やかに、かつ華々しく引退することを望む。


Read Users' Comments ( 0 )


遂に・・・遂に『ゴッドファーザー』を映画館で観ることが出来た。リアルタイムで観ることが出来るなんて夢にも思わなかったが、まさにデジタルリマスターされた美しい『ゴッドファーザー』を、劇場で確かめることが出来たのだ。もちろんDVDで何度も観ているので、次に出てくるセリフだって分かっている。でも3時間もの作品を劇場に足を運んでまで観たい衝動に駆られたのは、『ゴッドファーザー』が不朽の名作中の名作であるが故だろう。デジタルリマスター化された同作品は完全に美しく生まれ変わった。それは色であったり、音であったり・・・とにかく素人でも分かるほど美しくなっている。

『ゴッドファーザー』シリーズは、アル・パチーノ演じるマイケル・コルレオーネという一人の男の人生の葛藤を描いた、まさに彼が主人公の作品だと思う。マフィアの家に育った彼は、出来るだけ家の仕事に関わらないように、また彼の父のヴィト・コルレオーネも末っ子のマイケルを出来るだけファミリーの仕事に従事させないようにしてきた。だが、それはファミリー間の抗争、ヴィトの現役引退などで大きく変化してくる。

パート1の後半ではコルレオーネ・ファミリーの事実上のボスはマイケルが務めている。彼はまさにボスに的確だった。その冷酷さは、パート1のラストの有名な暗殺シーンや、パート2においての実兄であるフレド暗殺で明らかだ。こうした冷酷さは「ファミリーを守るため」という大義あってのことであるが、パート3のラストを以て、彼は実の娘を失い、再び妻ケイの信頼を失うこととなり、「ファミリーを守る」ことが出来なかった。最後は1人、廃れた庭のイスで静かに息を引き取る。

贖罪(redemption)がまさに相応しい。現にパート3では枢機卿に贖罪することになる。マーロン・ブランド演じるヴィト・コルレオーネのインパクトが強く、もちろんストーリーに多大な影響を及ぼしているが、同シリーズは紛れもなくマイケルの人生と償いを示しているのだ。


Read Users' Comments ( 0 )

Movie: チェ 28歳の革命


2009年は「チェ」から始まった。1月10日、『チェ 28歳の革命』が公開されたので早速観てきた。同月31日には『チェ 39歳 別れの手紙』が公開される。もともと1つの作品だが、上映時間が4時間以上になるため、日本では2部作となっている。チェ・ゲバラといえば、20世紀の革命家として5本の指に入る人物で、最もカリスマ性を備えていただろう。私はマルクス主義者でも共産主義者でもないが、彼の信念は理解出来そうだ。あと、チェ・ゲバラを演じたデル・トロの演技も魅力的だった。

1月/2月は映画の月。以下備忘録。

-Memorandum-

1月10日/『チェ 28歳の革命』
公開中 /『ゴッドファーザー(デジタルリマスター版)』
1月17日/『感染列島』
1月24日/『誰も守ってくれない Nobody to watch over me』
1月24日/『007 慰めの報酬』
1月31日/『チェ 39歳 別れの手紙』
1月31日/『20世紀少年 第2章』
2月14日/『少年メリケンサック』


Read Users' Comments ( 0 )