北野誠、がんばれ!

北野誠、がんばれ!

北野誠をテレビで観る機会といったら「やじうまプラス」や「ラジかるッ」くらいしかなかったけど、「毒舌なおもろいおっさんやな」くらいのイメージだった。恐らくラジオとなるとさらに過激なことを言っていたのだろう。

今回の謹慎は納得のいかないところが多い。先日の「謝罪会見」でも、なぜ謹慎処分となったのか、重要な部分が明らかにならなかった。明らかにならないものだから憶測や噂は広がる。ある団体が圧力をかけた、とか、芸能関係者を中傷したとか。

仮に特定の問題発言があったとしたら、それを公表すべきなのだが「プライバシー」の大義のもとに語られることはない。以前、評論家の宮崎哲弥氏が『メディアがよく番組中に「不適切な発言」を詫びることがあるが、何が不適切であったのかを明らかにしないと問題の根本的解決には繋がらない』と指摘していた。

今回のことも結局はそういうことだ。産經新聞の『【衝撃事件の核心】北野誠「不適切発言」の中身は…涙の「おわび会見」、ネット上で批判集中』の記事に、私を含む同大学法学部で教わった人も多いだろう、大石泰彦教授(メディア倫理・法制)のコメントが掲載されている。

「彼は何かタブーに触れたのだと思うが、何がいけなかったのかいまだにはっきりしない。きちんとした説明がないから憶測が憶測を呼ぶ。他の芸能人についても自主規制が広がりかねない」との懸念を示した上で、「プロダクションが業界の事情で降板させるのはまだしも、メディア(当該ラジオ局)はなぜ番組から降板させたのかという経緯を説明し、視聴者への責任を果たす必要があるのではないか」

ともあれ、北野誠の復帰を願うばかりだ。


0 コメント: